9月12日から15日にかけて催された「東京ゲームショウ2019」会期中に、SIE ワールドワイド・スタジオ(以下、SIE WWS)のプレジデント・吉田修平氏にインタビューを実施しました。

当メディアでは毎年恒例となりつつある、同氏へのショートインタビュー。TGS2019に出展されたなかで注目タイトルは何か、そして気になるあのニュースについて。PlayStation VR (以下、PSVR)の展開についても貴重なお話を伺えましたので、その一部始終をご紹介したします。

◆今年のTGSではデベロッパーのソフト力の進化が見えた
――今年もインタビューよろしくお願いします。早速ですが、PlayStation 4(以下、PS4)・PSVRの調子はいかがですか?

吉田修平氏(以下、吉田氏):ソフトの面では、例えば『モンスターハンターワールド:アイスボーン』『ボーダーランズ3』、さらには日本では12月発売予定の『CONTROL』と、良いタイトルが出続けています。VRでも弊社でリリースした『ライアン・マークス リベンジミッション』は海外ですごく評判がいいです。ただ日本ではPlayStation Moveが2本必要であることが一定のハードルになっているのかなと思いますね。『Beat Saber』も世界中で大ヒットしていますが、PlayStation Moveが2本必要なので、日本でももっと(PS Moveを)普及させたいところです。

この記事の画像

「ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】」の画像1 「ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】」の画像2 「ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】」の画像3 「ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】」の画像4
「ゲームハード後期は“デベロッパーのソフト力”が極まる?―SIE WWS・吉田修平氏が語るPS市場の近況【TGS2019】」の画像5