もしも『マザー2』と『夢をみる島』が出会ったら…?スイッチ向けインディー『レヴェリー(Reverie: Sweet As Edition)』が醸すノスタルジーに思わず、涙

もしも『マザー2』と『夢をみる島』が出会ったら…?スイッチ向けインディー『レヴェリー(Reverie: Sweet As Edition)』が醸すノスタルジーに思わず、涙
もしも『マザー2』と『夢をみる島』が出会ったら…?スイッチ向けインディー『レヴェリー(Reverie: Sweet As Edition)』が醸すノスタルジーに思わず、涙
ゼルダの伝説』シリーズや『マザー』シリーズファンの方には一度遊んでいただきたいゲームがニンテンドースイッチでセール販売中です。インディーゲームレーベルのeastasiasoftより配信中の『レヴェリー(Reverie: Sweet As Edition)』をご紹介します。

ニュージーランドの架空の島、トロミ島を舞台とした本作。日本に住む私達にはあまり馴染みありませんが、多くのプレイヤーにノスタルジーを感じてもらえることでしょう。

日本のゲームへの憧憬が見て取れるゲームデザイン
おどろおどろしい雰囲気で語られる導入部分。
最初は少々不穏なナレーションが。ゲーム本編が始まるとすぐに、かつての古き良き日本のRPGを踏襲したグラフィックがお出迎え。2頭身のデフォルメされたキャラクターにコミカルな会話など、見ているだけで昔懐かしい気持ちが蘇ってきます。

街の景観も可愛らしくなんだか『マザー』を思い出しますね。帽子の少年もまるでネスみたい。
街の中にはゲームセンターも。だんだんトロミ島の街が『マザー2』のオネットに見えてきます。
最初の目的地は祖父の家。ここでプレイヤーは野球バット…ではなくクリケットのバットを入手できます。ニュージーランドといえばクリケット、ということなのか。これがメインの武器となります。

クリケットのバットを入手。ところでこの入手ポーズもどこかで見たような…。
武器はYボタンかXボタン、Rボタンのいずれかにセット可能。これで敵をどんどん"SMAAAASH!”していくぞ、と意気込んでバットを振ってみます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2019年10月27日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ドラゴンクエスト」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラゴンクエスト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「どうぶつの森」のニュース

次に読みたい関連記事「どうぶつの森」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スーパーマリオブラザーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「スーパーマリオブラザーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。