スリリングで悲壮感漂う『ワードマン』の世界で、一緒に英語感覚を磨いてみませんか?【プレイレポート】

スリリングで悲壮感漂う『ワードマン』の世界で、一緒に英語感覚を磨いてみませんか?【プレイレポート】
スリリングで悲壮感漂う『ワードマン』の世界で、一緒に英語感覚を磨いてみませんか?【プレイレポート】
ニンテンドースイッチでセール中の『ワードマン』。シンプルなタイトルに、若干暗めな画面作りの本作は、アルファベットを用いたパズルアドベンチャーです。

無力な主人公が恐ろしい敵に追われるという、絶望的な空気感も漂う本作。そのアルファベットパズルの面白さと、そこから生まれるアハ体験の魅力をお伝えしていきます。

PS3の名作『rain』を思わせる、悲壮の中で希望を見出す旅
本作は人物やモンスターたち、その他様々なギミックがアルファベットで作られています。主人公は、ある廃墟の中に捨てられたアルファベットが集まって人の形を成したモノです。

「HERO」を人の形に描いたモノが主人公。果たしてこの世界の英雄となれるか。
主人公は徹底的に無力です。敵のモンスターと戦う術は持っておらず、できることはジャンプと物を持ち運ぶこと。敵と出会ったら基本的に逃げるしかありません。

敵モンスターの造形は恐ろしく、それらが徒党を組んで襲ってくる恐怖はかなりのもの。主人公は敵をかいくぐり、各地に散らばるアルファベットを駆使して安全に冒険を進めることになります。

「DOOM(破滅)」の文字でデザインされたモンスター。追いつかれれば一瞬でゲームオーバーです。
恐ろしい怪物から逃げながら知恵を絞って生き延びていく様は、かつてPS3でリリースされた『rain』を思い出します。主人公が無力だからこそより冒険がスリリングになり、同時にキャラクターの痛みが感じられる作風になっています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事

「任天堂 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月4日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 任天堂 株価

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。