『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』本日4月22日で10周年─結末の“痛み”をユーザーも共有した個性作! バージョンアップ版への購入意欲も調査

スクウェア・エニックスが2017年2月に発売した『ニーア オートマタ』は、国内外でロングランヒットを記録し、約2年が経過した2019年5月には世界累計出荷・DL販売本数が400万本を突破。今後の展開にも注目が集まる人気作へと成長しました。

この『ニーア オートマタ』の前作に当たる『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』は、設定面などで繋がりを持ち、いずれも単体で楽しめますが、両作品をプレイしているとより深く『ニーア』の世界を堪能できます。

2010年4月22日にリリースされた『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』は、人によって受け止め方が異なるものの、個性的な側面が多いため、記録よりも記憶に残る作品として語られることも少なくありません。

本日4月22日は、『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』が発売されてから丁度10年が経過した節目の日となります。そこで今回は、『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』が備えていた特徴的な要素や忘れがたいポイントを振り返り、この記念日を祝いたいと思います。また本作について、読者の方々から届いた生の声もご紹介。ユーザーの思い出に触れながら、『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

◆機種で異なる主人公、プレイヤーの心を抉る2周目以降の展開、そしてセーブデータに関わるギミックも

三人称視点のアクションRPGとなる『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』は、場面によって横スクロールやサウンドノベル形式でゲームが展開するなど、ゲーム性にも驚きが多く含まれている作品ですが、まずは販売形態そのものも実に特徴的でした。

この記事の画像

「『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』本日4月22日で10周年─結末の“痛み”をユーザーも共有した個性作! バージョンアップ版への購入意欲も調査」の画像1 「『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』本日4月22日で10周年─結末の“痛み”をユーザーも共有した個性作! バージョンアップ版への購入意欲も調査」の画像2 「『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』本日4月22日で10周年─結末の“痛み”をユーザーも共有した個性作! バージョンアップ版への購入意欲も調査」の画像3 「『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』本日4月22日で10周年─結末の“痛み”をユーザーも共有した個性作! バージョンアップ版への購入意欲も調査」の画像4
「『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』本日4月22日で10周年─結末の“痛み”をユーザーも共有した個性作! バージョンアップ版への購入意欲も調査」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「スクウェア・エニックス」に関する記事

「スクウェア・エニックス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スクウェア・エニックス」の記事

次に読みたい「スクウェア・エニックス」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク