急にゲームが楽しくなくなる病。とてもとても恐ろしい病気……のような何か。あんなにゲームが好きだったのに、ある頃からプッツリと糸が切れたかのように興味を失ってしまう。そんな人を見かけることがあります。いいんです、もしも他に楽しいことや、やりがいのあることを見つけたのであれば、それはそれで素晴らしいことです。人生の楽しみはゲームだけではありません。でも、時々聞くのは、昔のゲームは面白かったけど、最近のゲームはつまらない。本当にそうでしょうか?

ゲームがつまらなくなる理由にはいくつか考えられます。その理由を考えると、ゲームが楽しくなくなる病を治すヒントもあるかもしれません。

■昔の方がシンプルで面白かった病
昔のゲームはシンプルで、すぐ楽しめたけど、今のゲームはあまりに複雑でついていけない、そんな意見を耳にします。確かに、多くのゲームはシリーズを重ねるごとに新しい要素を取り入れていくため、複雑になっていく傾向にあります。自分が昔から遊んでいたシリーズが、いつかを境にちょっとついていけないと感じるようになれば、最近のゲームは難しすぎると思うのも無理はないでしょう。

しかし、ゲームがみんな複雑で、難しくなってしまったのかというと、もちろんそんなことはありません。例えば『UNDERTALE』(ニンテンドースイッチ/PS4/PS Vita/Xbox Series S/Xbox Series X/Xbox One/PC)はいかがでしょう? ドットで描かれたグラフィックは懐かしい雰囲気、少し奇妙で、なぜか優しい気持ちになれる世界。バトルは高度な戦略が要求……されることは全くなく、タイミングよくボタンを押したり、敵の攻撃を避けたりするだけでよいのです。もっと言えば、必ずしも戦わなくてもいい、相手のことをよく知って、困っていることを解決してあげて、逃がしてあげることもできます。シンプルで、懐かしくて、でも新しい

この記事の画像

「ゲームは昔の方が面白かった? 「急にゲームが楽しくなくなる病」の正体を探せ」の画像1 「ゲームは昔の方が面白かった? 「急にゲームが楽しくなくなる病」の正体を探せ」の画像2 「ゲームは昔の方が面白かった? 「急にゲームが楽しくなくなる病」の正体を探せ」の画像3