1月11日、『ウマ娘 プリティーダービー』に新たなサポートカードとして「安心沢刺々美」が実装されました。かなり意外なチョイスだったため、ユーザーの間では驚きの声が上がっていましたが、実はその数日前からとある“フラグ”が立っていたようです。

発端は年明けの声優イベントまでさかのぼる…
安心沢刺々美は、ちょっとエキセントリックな見た目をした「超天才の次世代笹針師」。元々は育成モードで発生するランダムイベント「あんし~ん笹針師、参☆上」の登場キャラでした。

ゲーム内で彼女の声を担当しているのは、“永遠の17歳”でお馴染みの声優・井上喜久子さん。1月4日、井上さんは人気声優たちが一堂に会するイベント『声優紅白歌合戦 2022』に出演したのですが、そこで『ウマ娘』に関する意味深な出来事が起こります。

実はこの日、イベントに出演する井上さんのために、Cygamesが豪華なフラスタを贈っていたそう。そのフラスタは『ウマ娘』運営名義となっており、安心沢刺々美のイラストも掲げられていました。

なぜフラスタが“フラグ”扱いされているのか
もちろん作品に出演する声優のためにフラスタを送るのは、珍しいことではありません。ただ、井上さんは『Shadowverse』のイリスや『グランブルーファンタジー』のミランダなど、Cygamesのさまざまなソーシャルゲームに出演中。

その中で、なぜ未実装のサブキャラだった安心沢刺々美のフラスタが届いたのでしょうか。やはりこの時にはすでにサポートカードの実装が決まっており、運営は“前祝い”の意味を兼ねてフラスタを贈ったのではないか…と考えられます。

『ウマ娘』ユーザーの間でも、あらためてこの時のフラスタに反応する人が続出。《これが伏線だったのかよ…完全に読めなかったわ…》《今思うにフラグやったんやな》《実は影でウマ娘実装祝いのつもりで出したということでしょうかサイゲ様》《まさかの匂わせだったかCygames》と、驚きの声を上げていました。

とはいえ、井上さんとCygamesの絆は深く、長寿ソシャゲ『神撃のバハムート』でも活躍しています。それを考慮すれば、井上さん演じる安心沢刺々美が早々に実装されたのも意外ではなかったかもしれませんね。

この記事の画像

「『ウマ娘』安心沢刺々美の実装にはフラグがあった? 声優・井上喜久子にまつわる伏線」の画像1 「『ウマ娘』安心沢刺々美の実装にはフラグがあった? 声優・井上喜久子にまつわる伏線」の画像2