ポケットモンスター ソード・シールド』(ソード・シールド)より、特定のトレーナーたちがポケモンを繰り出す際に個性的なモンスターボールの投げ方を披露するようになりました。実はその多くに、元ネタとなった野球選手がいるようです。

マリィは昭和を代表する伝説的投手!?
最初に紹介するのは、『ソード・シールド』にてライバルの1人として登場したマリィ。彼女は手持ちポケモンを繰り出す際、大きく振りかぶるワインドアップから、左足を大きく上げるというダイナミックなフォームでボールを投げ込んできました。

この必要以上に大きく左足を上げる姿は、昭和を代表する大投手の村田兆治さんを彷彿とさせます。彼の投球フォームは「マサカリ投法」と呼ばれるもの。独特な体重移動が特徴的で、その姿が鉞を振り下ろす動作に似ていることからこの名前が付けられたそう。

誰から教わったのかわかりませんが、マリィの“いろいろな意味で”大胆な投げ方には多くのトレーナーが釘付けになったはず。SNS上でも、「マリィ、ボールの投げ方が良いな。将来有望な野球選手になれるぞ」「マリィちゃん、投げ方が男らしい好きだな」「マリィちゃんその投げ方だと横から見えちゃわないかい?」などといった声が寄せられていました。

ダンデのフォームは世界級!?
同じく『ソード・シールド』にて、チャンピオンに君臨していたダンデ。彼は王者の象徴であるマントを脱ぎ捨て、そこから背番号を見せつけるように身体を捻り、勢いよくポケモンを繰り出してきます。

この記事の画像

「『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選」の画像1 「『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選」の画像2 「『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選」の画像3 「『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選」の画像4
「『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選」の画像5