人気ゲーム実況者のレトルトさんが、「220万人のチャンネルがBANされた経緯と原因について話します」という動画を投稿。SNS上を騒然とさせた、YouTubeチャンネルBANの理由を明かしています。

レトルトさんは、2008年12月よりニコニコ動画で活動をスタートしたゲーム実況者。2014年6月にYouTubeチャンネルを開設してからは、徐々に活動をそちらへ移行し、2022年5月時点でチャンネル登録者224万人を突破しています。

5月13日、突如YouTubeチャンネルがBANとなるも、翌14日に復旧。一時的とはいえ、国内トップクラスの人気ゲーム実況者がBANとなったこの騒動、レトルトさんによれば「半分誤BAN、半分まぁ…って感じ」だといいます。

◆220万人超えのチャンネルがBANされた理由とは?
結論から言うと、BANされた理由は「とある動画が審査に引っかかったから」です。動画というより、ゲームの内容が“海外の人的に”にまずかったらしく、「これは危ない」と判断されBANにつながったとのこと。

詳細の前に、レトルトさんは「YouTubeにおける3アウト制度」を説明します。危ない動画を投稿すると、YouTubeから「この動画はまずいですよ」という警告とともに、警告された動画が非公開になるそう。これを3回受けると、チャンネルがBANになるといいます。

レトルトさんも過去に1回受けており、それ以降はかなり気をつけていたとのこと。警告を意識して、2~3年前には約100本の動画を削除したことも明かしました。

この記事の画像

「人気ゲーム実況者・レトルトさんが“チャンネルBAN”の理由語る―「半分誤BAN、半分まぁ…って感じ」」の画像1 「人気ゲーム実況者・レトルトさんが“チャンネルBAN”の理由語る―「半分誤BAN、半分まぁ…って感じ」」の画像2 「人気ゲーム実況者・レトルトさんが“チャンネルBAN”の理由語る―「半分誤BAN、半分まぁ…って感じ」」の画像3 「人気ゲーム実況者・レトルトさんが“チャンネルBAN”の理由語る―「半分誤BAN、半分まぁ…って感じ」」の画像4
「人気ゲーム実況者・レトルトさんが“チャンネルBAN”の理由語る―「半分誤BAN、半分まぁ…って感じ」」の画像5