「東京ゲームショウ2022」での発表が予告されている、KONAMIのシリーズタイトルの新作。『がんばれゴエモン』『メタルギア』『ボンバーマン』etc…。
様々なタイトルが予想されていますが、本命はいったい何なのか?考察してみました。

TGS2022でKONAMIのシリーズタイトル新作が発表!
9月15日から18日の4日間、幕張メッセで行われるゲームの祭典「東京ゲームショウ2022」。その会場でKONAMIが“全世界で愛されているシリーズタイトル”の新作を発表するそうです。気になる発表の日時は、9月16日の15:30からとのこと。

発表の場には、シリーズのファン代表として声優の梶裕貴さんが出演予定。梶さんのTwitterには既に「ファン代表などと烏滸がまし過ぎて名乗れませんが… 自分にとって思い入れの強い作品です。
お楽しみに!」と意気込みのツイートが投稿されています。

ここで気になるのが、発表されるタイトルは何なのか。“全世界で愛されているシリーズタイトル”の新作、ということは既存のIPなのはほぼ確定なのですが…。ネット上では、『メタルギア』や『ボンバーマン』など、ゲームファンが自身の思い入れのあるタイトルを挙げ、予想や期待の声で盛り上がっているようです。

第一候補は「幻想水滸伝」!
ヒントとなるのは、声優の梶裕貴さんがファン代表として出演予定だということ。KONAMI×梶裕貴さんの組み合わせで思い出される作品といえば、やはり『幻想水滸伝』シリーズでしょう。


梶さんは、ニンテンドーDS向けに発売された『幻想水滸伝ティアクライス』で、主人公の青年役を担当。また自身のTwitterでも、度々シリーズに対する思い入れの深さを語っているところが確認できます。第一候補とみて、間違いないのではないでしょうか。

また、KONAMI×梶裕貴さんの組み合わせで忘れてはならないのが『ときめきメモリアル Girl's Side(ときメモGS)』シリーズ。梶さんはニンテンドースイッチ用ソフト『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart』で、攻略キャラの1人「風真玲太(かざまりょうた)」役を担当しています。

さらに、彼はKONAMIから正式な許諾を得て“ときめき梶リアル”と題したプレイの生配信を行っていたこともあります。
女性向け恋愛SLGである『ときメモGS』ですが、同作についても“ファン代表”と言えるかもしれません。

“梶裕貴さんがファン代表”という情報から導き出される予想は、第一候補『幻想水滸伝』シリーズ、第二候補『ときメモGS』シリーズとなります。

ただ、あくまで“ファン代表”なので、梶さんの声優としての仕事が絡んだことのある作品とは限りません。声優界でも有名なゲーマーである梶さん。ここで名前の上がっていない他タイトルの“隠れファン”である可能性も…?数々の名作タイトルを世に出しているKONAMIだけに、可能性は無限大だといえそうです。