お盆休みは、各ストアや様々な店舗でゲームセールが行われています。全国に展開する「ゲオ」も、各店舗にてサマーセールを開催中。
次に遊ぶ1本を、お手頃な価格で買える絶好のチャンスです。

セールソフトの一部は公式サイトで公開されていますが、もちろん対象ソフトはそれだけではありません。現地に向かうと、このサマーセールを彩る豊富なラインナップを見ることができます。

しかし、確認のために足を運ぶのも一苦労。惹かれるものがあれば幸いですが、可能ならラインナップやセール価格を事前に知りたいところ。そんな要望に応えるべく、筆者がゲオ店舗に足を運び、実際にセール商品をチェック。
その中から特にお勧めしたいものを独断で厳選し、お届けします。

なお、調査は個人的な範囲に限られるため、店舗によっては価格や在庫などが異なる場合もあります。購入する前に、改めてご確認ください。

■スイッチ向けは、『ポケモン』や昨年発売された話題作がお買い得
今回は、480円以下の中古ゲームソフトは、全品110円となるキャンペーンも行われていました。その中では、スイッチソフト『ポケットモンスター シャイニングパール』に注目が集まっており、SNSでも話題に。人気シリーズの作品が110円となれば、買いたい人が多いのも当然でしょう。


筆者は初日の開店してから10分後くらいに運びましたが、わずかな出遅れが響いたのか、『ポケモン シャイニングパール』はすでに売り切れ。X(元Twitter)上でも買い逃した声が多く、熾烈な争いだったことが窺えます。

ですが、お得なのは『ポケモン シャイニングパール』だけではありません。まずスイッチ向けでは、『ポケットモンスター ソード』(2,178円)や『スプラトゥーン2』(1,078円)など、早速お手頃なソフトが目に入ります。最新のメインシリーズが出た影響で値が下がっていますが、今から触れても十分楽しめるタイトルです。

昨年発売された『ベヨネッタ3』(3,058円)や『ニーア オートマタ ジ エンド オブ ヨルハ エディション』(3,278円)も、発売時期を考えるとかなりお得でしょう。
『ニーア オートマタ』はPS4版もありますが、スイッチ向けは後発なので、中古価格も大きく異なります。PS4も持っている方は、PS4版の方がさらに安い場合が多いので、買う前に比較しておきましょう。

発売直後にパッケージ版が各所で売り切れ、一時期は品薄状態が続いた『ウルトラ怪獣 モンスターファーム』が、今回2.728円とお買い得。人気コンテンツ同士のコラボレーションが、刺激的なゲーム体験を提供してくれます。ちなみに、こちらも昨年リリースされたタイトルです。

【ゲオ店舗 サマーセール価格】
・スイッチ『ポケットモンスター ソード』:2,178円
・スイッチ『スプラトゥーン2』:1,078円
・スイッチ『ベヨネッタ3』:3,058円
・スイッチ『ニーア オートマタ ジ エンド オブ ヨルハ エディション』:3,278円
・スイッチ『ウルトラ怪獣 モンスターファーム』:2.728円

■PS5のセールソフトが充実傾向に
今年に入ってようやく、誰でもPS5本体が買えるようになりました。
その影響か、中古のPS5ソフトも徐々に数が増えていき、セールでも存在感を放っています。

今回のセールでは、人気シリーズのナンバリング最新作『ファイナルファンタジー16』が5.478円で登場。中古にしてはやや高めですが、今年6月に発売されたばかりなので、時期を考えればこれでもお得な範囲でしょう。そろそろ始めようと思っている人は、このセールが絶好の機会となりそうです。

からくりを駆使し、巨大な獣と戦う『WILD HEARTS』と、『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン』は、いずれもセールで3,828円に。昨年から今年にかけて発売されたPS5ソフトも、手が届きやすい価格になっています。


また、新品のPS5ソフトもセール対象になっており、対馬を舞台に蒙古との戦いを描いたオープンワールドアクション『Ghost of Tsushima Director's Cut』が3,828円で販売中。新品でこの価格なら、十分元が取れるでしょう。

このほかにも新品PS5ソフトのセール品がいくつかあり、いずれも1,958円の『アンチャーテッド トレジャーハンターコレクション』と『DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT』は、コスパ的にもかなり優秀。2,000円足らずで手に入るので、この機会に遊んでみるのもお勧めです。

【ゲオ店舗 サマーセール価格】
・PS5『ファイナルファンタジー16』:5.478円
・PS5『WILD HEARTS』:3,828円
・PS5『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン』:3,828円
・PS5『Ghost of Tsushima Director's Cut』:3,828円
・PS5『アンチャーテッド トレジャーハンターコレクション』:1,958円
・PS5『DEATH STRANDING DIRECTOR'S CUT』:1,958円

■安定&ラインナップ豊富なPS4のセールソフト
長年活躍し続けたPS4は、その歩みに相応しくラインナップが豊富。今回のセールでも、目移りするほど様々なタイトルが対象になっていました。
その中でも真っ先に気になったのが、『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』。中古市場では4,000円台も多い本作が、グッとお手頃な3,278円で販売されています。

親子の旅路と過酷な戦いを、迫力あるビジュアルで描いた『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』は、約3ヶ月ほどで全世界累計実売が1,100万本を突破。国内外で高く評価されている名作を、お手頃な価格で楽しめる機会が巡ってきました。

お手頃なラインを狙うなら、『ONE PIECE ODYSSEY』(2.728円)や『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』(2.728円)などは、プレイ体験とセール価格のバランスを考えると、コスパがかなり良い部類。シリーズファンなら特に、満足度も高まることでしょう。

この夏にじっくりとオープンワールドを楽しみたいなら、『Horizon Forbidden West』(3,278円)や『レッド・デッド・リデンプション2』(1,628円)などもお勧め。プレイ感は全く異なる2本ですが、手応えと達成感目当てなら前者、西部劇のアウトロー体験に惹かれるなら後者をお選びください。

【ゲオ店舗 サマーセール価格】
・PS4『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』:3,278円
・PS4『ONE PIECE ODYSSEY』:2.728円
・PS4『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』:2.728円
・PS4『Horizon Forbidden West』:3,278円
・PS4『レッド・デッド・リデンプション2t』:1,628円

遊べるボリュームと比べてお得なセール価格のタイトルを中心に、各ハードごとにピックアップしてお届けしました。もちろん、このほかにもセール対象のゲームはいくつも用意されています。

今回のセールは8月20日まで行われているので、気になった方や時間をちょっと持て余している人は、ゲオの店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。また、価格などは個々で異なりますが、ゲオのオンラインストアでもセールを実施しているので、あわせてチェックするのもお勧めです。

※価格はセールのもので、全て税込みです。