『とびだせ どうぶつの森』200万本突破、任天堂がTOP3 を独占・・・週間売上ランキング(12月24日~1月6日)

『とびだせ どうぶつの森』200万本突破、任天堂がTOP3 を独占・・・週間売上ランキング(12月24日~1月6日)
『とびだせ どうぶつの森』パッケージ
       
メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

今回のランキングは年末休みだった分をあわせた2週間分をまとめてお届けします。

1位は『とびだせ どうぶつの森』(3DS)で、販売本数は13万3000本。累計は210万本となり、パッケージ版の実売でダブルミリオンを僅か2ヶ月で達成しました。3DSソフト最速ペースの売れ行きを見せており、更なる拡販が期待されます。

2位は『New スーパーマリオブラザーズ2』(3DS)が9万本を売り上げ、累計は183万4000本に。昨年夏に発売されたソフトですが、年末商戦でも大健闘。同じくマリオの新作となる『ペーパーマリオ スーパーシール』(3DS)も好調、今週は6万8000本を売り上げて累計47万本まで数字を伸ばしました。『ペーパーマリオ』シリーズはこれまで60万本の壁を超えることができていませんが、この調子でいけば販売記録を塗り替えそうな勢い。

4位は『イナズマイレブンGO2』(3DS)が2バージョンで5万1000本を販売。子供たちに人気のゲーム最新作ということで、年末年始でかなりの売れ行きを見せました。また、関連作として『イナズマイレブンGO ストライカーズ 2013』(Wii)が28位、『イナズマイレブン1・2・3!! 円堂守伝説』(3DS)が30位と、TOP30に『イナズマ』シリーズが3本同時にランクインしています。

同じレベルファイブ作品では『ファンタジーライフ』(3DS)も好調。4万2000本を売り上げ累計15万9000本に。先日お伝えした通り、現在店頭では品薄状態となっており、更なる出荷が待たれます。『レイトン教授VS

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「任天堂」に関する記事

「任天堂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「任天堂」の記事

次に読みたい「任天堂」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月10日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 任天堂 株価

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。