【プレイレビュー】手段は問わない、ターゲットに確実な死を-。『ヒットマン アブソリューション』

【プレイレビュー】手段は問わない、ターゲットに確実な死を-。『ヒットマン アブソリューション』
【プレイレビュー】手段は問わない、ターゲットに確実な死を-。『ヒットマン アブソリューション』
       
2013年1月24日(木)にスクウェア・エニックスより発売予定の『ヒットマン アブソリューション』。前回の記事では、“ヒットマン”シリーズの歴史に始まり、今作の新たなゲームシステムや登場人物などをまとめてご紹介しましたが、今回は『ヒットマン アブソリューション』の日本語版を実際にプレイしてみての詳しいレポートをお届けします。

主人公である暗殺者“エージェント47(フォーティセブン)”。今作では、47の長年のパートナーであった“ダイアナ”が組織を裏切った事により、彼女を暗殺するところから物語はスタートします。ダイアナ暗殺後、彼女から託された一人の少女“ヴィクトリア”を守るため、47は混沌の渦中へと身を投じていく事に。ストーリーはより壮大でドラマティックに展開していきます。

■目指すはサイレントアサシン!これが意外と難しい
今作も今まで発売されたシリーズ同様、指定されたターゲットを暗殺していく事でミッションをクリアしていく流れですが、暗殺方法がたくさんあり、どれを選ぶかはプレイヤー次第という点がとても楽しいです。難易度ノーマルで遊んでみましたが、ミッションが進んでいくと意外とノーマルでも難しいなぁと思う事もありました。

ターゲットまでどういうルートで近づくか、どうやって暗殺するのか、よく考えて進まないとあっという間に暗殺対象者の手下や、道中に居る警察官などに見つかってしまう事が多々ありました。恥ずかしながら、私は最初のうちは何も考えず「難易度ノーマルだしゴリ押しプレイでもいけるだろう」と少々甘く見たプレイをしてしまったため、《手下Aに見つかってしまったので手下Aを暗殺→その音を聞きつけた手下Bに見つかってしまったので手下Bを暗殺→その音を聞きつけた手下Cに……以下略》という、“暗殺を隠すための暗殺“という非情に悲しいループを繰り替えすはめになってしまいました。というのも、ちょっとした変化に敵AIがすぐ気づくようになっているため、使用する武器によっては敵が倒れた物音で敵が近づいてくるのです。この緊張感はなかなか凄いですね。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュース

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カプコン」のニュース

次に読みたい関連記事「カプコン」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月21日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。