【GDC 2013】カプコン伊津野氏が明かした『Dragon's Dogma』の企画が通るまで

【GDC 2013】カプコン伊津野氏が明かした『Dragon's Dogma』の企画が通るまで
【GDC 2013】カプコン伊津野氏が明かした『Dragon's Dogma』の企画が通るまで
カプコンがオープンワールドジャンルに挑戦した2012年の意欲作『Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)』。

本作のディレクターを務めた伊津野英昭氏が、現在サンフランシスコで開催されるGame Developer Conference 2013(GDC)のセッションで、その知られざる開発経緯やどのように企画が立案されていったかを語りました。

伊津野氏は1994年にカプコンに入社。『ストリートファイターZERO』シリーズや『Capcom Vs. SNK 2』といった作品に携わった後、会社より極秘に100万本売れるゲームを作るという指令を受けます。そこで新IPの対戦格闘ゲーム、Devil May Cry風のアクションRPG、コマンド式のRPG、シミュレーションゲーム、心理系の対戦ゲームまで、様々な企画を練り、2000年頃に『Dragon's Dogma』や“ポーンシステム”の原型に当たるRPGのアイデアが既に生まれていたというのです。

ところが、『Devil May Cry 2』のディレクター交代劇で自分に白羽の矢が立つというハプニングがあり、RPGプロジェクトはいったん凍結。2008年になって再びプロジェクトが再開し、伊津野氏はその当時作成した企画書を実際に披露しながら話を進めました。

キーコンセプトは、ネット上の掲示板(BBS)に書き込みをしたり、それに対するレスを見て楽しむ感覚をゲームに取り入れるというもので、企画名は『BBS-RPG』あるいは『ちょっとだけオンライン』。常に他のプレイヤーや世界とつながり続ける一般的な

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. カプコン 株価
インサイドの記事をもっと見る 2013年3月29日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「カプコン + 株価」のおすすめ記事

「カプコン + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュース

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アークシステムワークス」のニュース

次に読みたい関連記事「アークシステムワークス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら