【GDC 2013】『シムシティ』のエンジニアが語る「サンドボックスゲーム」の作り方

【GDC 2013】『シムシティ』のエンジニアが語る「サンドボックスゲーム」の作り方
【GDC 2013】『シムシティ』のエンジニアが語る「サンドボックスゲーム」の作り方
10年ぶりの新作として登場した『シムシティ』についてGDC 2013では計3本のセッションが予定されています。水曜日の17:00から最初に「Exploring SimCity: A Conscious Process of Discovery」と題してサンドボックスタイプのシミュレーションゲームの制作手法について、EA/マクシスのゲームプレイエンジニアDan Moskowitz氏が語りました。同氏は以前には『Spore』の開発にも携わり、2005年のGDCでも講演した経験があるそうです。

講演の冒頭、いきなりパワーポイントがフリーズしたかと思うと、「Unable to connect to the SimCity servers. Please try again.」というどこかで見覚えのあるエラーメッセージが出て会場からは笑いが。実はこれ、『シムシティ』のリリース直後のアクセス集中の時期、多くのプレイヤーを悩ませたエラーメッセージ。Dan氏はまず『シムシティ』を襲った様々なトラブルや問題点について謝罪。チームは今も全ての時間を投じて解決に向けた努力を続けていると述べました。

講演では本作のようなサンドボックスタイプのゲームをどう制作するかについて語られました。"サンドボックス"とは"砂場"という意味で、砂場のような空間でプレイヤーが創造性を発揮しながら様々なパーツを組み立て、それに対するインタラクションを楽しむものです。パーツには生命が備わっていて、組み合わせによって時には思いもよらない発見や感動があります。これがサンドボックスゲームの楽しさであり醍醐味です。Dan氏は『シムシティ』の他にも『Minecraft』『Bad Piggies』『World of Goo』といったゲームがあると紹介しました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2013年3月29日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら