【GDC 2013】デモは最大2時間待ち!バーチャルリアリティのベンチャーが語るゲームの未来

【GDC 2013】デモは最大2時間待ち!バーチャルリアリティのベンチャーが語るゲームの未来
エキスポ会場でのデモは最大2時間待ち
GDC2013で一躍注目を集めたのが、PC向けヘッドマウントディスプレイ(HMD)の商品開発を行うベンチャー企業、Oculusです。

エキスポブースに設置されたデモ機「Oculus VR」には行列が絶えず、最大2時間待ちという人気ぶり。ヘッドトラッキングと連動し、頭を動かして周囲を直接確認できます。ディスプレイはS3Dによる立体視となっており、視野角と臨場感は抜群。従来のHMDが映画の視聴など汎用性を高めた結果、虻蜂取らずになっていたのに対して、本製品はゲームそれもFPSなどに特化した作りになっているのが特徴です。

解像度は片眼が640×800ピクセル(両目で1280×800ピクセル)で、二つの画像を重ね合わせて立体感を表現しており、スペックだけ見ると物足りなさを感じるかもしれませんが、体験者の感想は非常に良好。早くも「これでFPSやフライトシムなどをガンガン遊びたい」という声が聞かれました。特に体験者の周囲を包み込むような、広い視界が印象的なようです。すでに開発機は7500台が用意されており、3月中に発送される予定。一般販売は2014年がみこまれています。

Oculus VRを一躍有名にしたのが、キックスターターでの投資です。E3 2012で発表され、8月1日にキックスターターに掲載されると、25万ドルの目標額をわずか数時間で達成。最終的に約9倍の240万ドルの調達に成功しました。Valveやid-softwareといったFPSでおなじみの企業からも支援を取り付けました。公式サイトには『Doom』のジョン・カーマック氏ら、業界の大物のポジティブなコメントが並びます。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2013年3月29日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら