「放課後の運動不足解消にはアクティブなゲームが一番の処方箋」豪カーティン大学の研究報告

身体を動かすアクティブなゲームは、非活動的になりがちな児童の放課後の過ごし方を改善し、多少ではあるものの身体活動を向上させるという調査結果がオーストラリアで報告されています。

この研究報告は、オーストラリアのパースにあるカーティン大学(Curtin University)のLeon Straker博士とその同僚らのグループが行ったもので、英国のオンライン医師会雑誌『BMJ Open』で発表されました。

同研究チームは2007年から2010年の間に、10歳から12歳の児童56人を調査し、生活の中の身体活動を行う時間についてデータの収集と分析を行いました。その際、調査の対象となる子供たちを3つに分類し、それぞれの家庭環境に条件を与えています。その3つの環境は以下の通り。

1 家庭に全くビデオゲームがない環境。
2 従来型の座って楽しむビデオゲーム(PS2)のみの環境。
3 「EyeToy」やダンスマットなども用いて遊ぶアクティブなビデオゲームだけの環境。

2のスクリーンの前でジッと動かずにプレイする従来型のビデオゲームのみを与えられた子供と比較して、1と3の環境にある子供は平均して身体活動時間が1日5分多く、ジッと座って過ごす時間が平均で5分少ないことが分析の結果明らかになったとしています。奇しくも全くビデオゲームをしない環境にある子供と、アクティブなゲームだけで遊ぶ環境の子供とは生活に占める身体活動時間がほぼ同じであることが示される結果となっています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2013年7月4日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。