【カジュアルコネクトアメリカ2013】業界大手のジンガがF2Pのゲームデザインメソッドについて語った

【カジュアルコネクトアメリカ2013】業界大手のジンガがF2Pのゲームデザインメソッドについて語った
【カジュアルコネクトアメリカ2013】業界大手のジンガがF2Pのゲームデザインメソッドについて語った
ゲームデザインはビジネスモデルによって大枠が規定されます。3分100円のアーケードゲームと、一度買ったらすきなだけ遊べる家庭用ゲームでは、「人を楽しませる」という根幹は同じでも、自ずとゲームデザインが異なってきます。同じことは基本プレイ無料のF2Pゲームでも同じですが、まだまだ業界的にノウハウの蓄積が不足しており、真似ゲーが横行しているのが事実です。

こうした中で業界大手のジンガでは、どのようなデザインポリシーを有しているのでしょうか。元EAでジンガに移籍し、看板ゲーム『FarmVille 2』の開発にもかかわったティム・ルトーノー氏は「F2Pゲームをデザインする時に考えている3つのこと」と題して講演し、その概要をあきらかにしました。

はじめにルトーノー氏はミケランジェロの名画『アダムの創造』を引き合いに出し、「この名画もパトロンの発注によって描かれた『コマーシャル・アート』であり、ゲーム制作と変わらない」と切り出しました。商業芸術であるからには、クライアントの意図を無視することはできません。ゲーム開発に引き寄せて考えれば「会社に儲けさせること、少なくとも損をさせないこと」となります。

その上で「古典的な有料ダウンロードゲームとF2Pゲームの最大の違いは、全ユーザーに等しく課金されるか、一握りのユーザーが課金を負担するかだ」と説明し、ゲームデザインもその点を配慮する必要があると解説。具体的には「中長期にわたって運営されることを前提に開発する」「経済感覚を持つ」「ソーシャル要素を考慮する」という3点を気にかけていると語りました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2013年7月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。