PlayStation 4が2013年12月28日までに全世界420万台の実売を達成

ソニーは、2013年11月より世界30カ国以上でローンチしている新ハードPlayStation 4が、2013年12月28日までで、420万台の実売(Sell Through)を達成していると発表しました。

これは、2014 International CES(国際家電ショー)のオープニングキーノート上で、SCE代表取締役社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏が明らかにしたもの。同社は2013年12月1日時点で210万台のPS4実売達成を発表しており、そこから一ヶ月足らずでセールスを2倍に伸ばした形になります。

それだけでなく、PS4用のソフトウェアセールスはパッケージとデジタル合わせてワールドワイド970万本以上、PlayStation Plusの登録ユーザー数が(PS4ローンチ後)90%増加したとのデータも報告されています。

ラスベガスで開催中のCES 2014では、PS3用ゲームがクラウドストリーミングを介してマルチデバイス(PS4/PS3/PS Vita/米Bravia TV)で楽しめるようになる“PlayStation Now”など、大型の発表が飛び出しています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2014年1月8日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら