システムだけじゃなくカノジョたちも垢抜けているとは!『NEWラブプラス+』プレイインプレッション

システムだけじゃなくカノジョたちも垢抜けているとは!『NEWラブプラス+』プレイインプレッション
システムだけじゃなくカノジョたちも垢抜けているとは!『NEWラブプラス+』プレイインプレッション
KONAMIは、ニンテンドー3DS用ソフト『NEWラブプラス+』の店頭体験会を東京と大阪の2ヵ所にて開催しました。

早速筆者も東京・ソフマップ アミューズメント館の体験会に訪れ、カノジョたちとイチャイチャしてきましたので新しくなった要素をチェックしていきましょう。

まず驚いたのは、体験会のバージョンがほぼ製品版と同じ仕上がりだったこと。おなじみの「高嶺 愛花」「小早川 凛子」「姉ヶ崎 寧々」から好きなカノジョを選んだら、あとは思うままに、という大盤振る舞いでした。はじめて『ラブプラス』に触れる人はちょっと敷居が高かったかもしれないですね。これは本作が、すべての『ラブプラス』シリーズからカノジョのデータ引き継ぎが可能になっていることも理由のひとつかもしれません。

さて、本作といえば3DSの持ち方が縦持ちに固定となり、DS時代の仕様に戻りました。そのため、左利き対応と3D機能は削除されています。プレイで最も印象的なのは、右画面のメニュー構成がブラッシュアップされていること。前作では一番大きなアイコンが3x3の9つ表示されていましたが、本作では多用する「予定入力」「メール」「電話」の3つに。直感的に操作できる、見やすい画になっています。

次は、いよいよ愛花を体育館裏に呼び出してのスキンシップモード。会話パートに移りカノジョたちを見て、同性ながらドキッとしてしまいました。前作から2年経っていますので、レスポンスが早くしぐさもリアルになっているのは勿論ですが、なぜだかとっても可愛いです。「私の知らないところで何かあったのかな…」とむやみにドキドキしていたものの、タッチしてカノジョの頬が赤らんだ時に気づいたんです。前作より色彩の濃淡やグラデーションが繊細になっているからだと。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラブプラス + アプリ」のおすすめ記事

「ラブプラス + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月4日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. ラブプラス アプリ

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。