【BitSummit 14】故・飯野賢治氏の思いは形となるのか?飯田和敏氏が『KAKEXUN』プロジェクトをアピール

ゲーム作家の飯田和敏氏はBit Summitで、ゲームクリエイターの故・飯野賢治氏が最後に残した企画メモを実現させるプロジェクト『KAKEXUN(カケズン)』のクラウドファウンディングをアピールしました。ブースでは飯野氏のポートフォリオ写真とポスターが展示され、デモ出展が大半を占める会場で異彩を放っていました。

生前、常にエッジの効いたゲーム開発を続け、前回のBitSummitで主催者のジェームズ・ミルキー氏から「彼の生き方こそがインディーゲームスピリットの体現」と評された故・飯野賢治氏。そんな飯野氏と生前から親交のあった飯田氏は、生前に書き残された企画メモがあることを知り、その思いを引き継ぐことを決意。クラウドファウンディングでの資金調達に乗り出しました。

資金調達はモーションギャラリーで3月20日より開始され、60日間で1500万円の調達金額を掲げています。同サイトでの過去の最高調達金額は映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』の1463万円で、過去最高金額をめざすことになります。開発は飯野氏の会社、ワープの主要メンバーが再結集したワープ2が担当し、飯田氏がチーフディレクターを務めます。

『アクアノートの休日』『太陽のしっぽ』と自由な作風で知られた飯田氏と、『Dの食卓』『エネミー・ゼロ』でゲーム業界の風雲児と言われた飯野氏は90年代後半、インタビューや対談などでメディアを賑わしました。当時はゲーム開発が今ほど大規模ではなく、ゲームクリエイターの作家性が注目されていました(その意味では今のインディーゲームムーブメントと近しいものがあります)。そうした時代を共に生きた者同士として、最後の企画を実現したいと飯田氏は言います。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2014年3月8日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。