【OGC2014】激動のソーシャルゲーム業界で変わったこと、変わらないこと~gumi West、今泉氏が語るふりかえり

【OGC2014】激動のソーシャルゲーム業界で変わったこと、変わらないこと~gumi West、今泉氏が語るふりかえり
【OGC2014】激動のソーシャルゲーム業界で変わったこと、変わらないこと~gumi West、今泉氏が語るふりかえり
OGC2014でgumi West代表取締役社長の今泉潤氏は「変化する"モノ作り"だけが生き残る」と題して講演を行いました。講演内で今泉氏はgumi入社後の2010年から2013年までの軌跡を振り返りましたが、それはソーシャルゲーム業界激動の4年間に対する自身、そして企業としての絶え間ないアジャストメントの歴史でした。

在学中から映像製作会社に入社し、若干23歳でドラマのプロデューサーデビューをはたした今泉氏。映像を軸に演劇・グッズ・販売・ネット企画など、さまざまなコンテンツ展開を進めましたが、思うように収益化が進みませんでした。追い打ちをかけるように映画『アバター』を見て、ハリウッドとの距離感を見せつけられます。

そんなおり、一足早くgumiを起業した国光宏尚氏からソーシャルゲーム『刑事ハードボイルド』のシナリオを依頼された今泉氏は、瞬く間に登録者数が50万人を突破したことに驚愕。同作がgumiとフジテレビの共同プロジェクトだったことも新鮮でした。常々、映像では出資者か原作者にならなえれば、好きなモノ作りはできないと感じていた今泉氏は、誘われるままにgumiに転職します。2010年のことで、まだ同社が50名程度の頃(現在はグループ全体で641名)でした。

■2010年 個人としてのモノ作り

当時は海外ではジンガ、国内ではmixi、モバゲー、グリーが相次いでオープン化を果たしたころ。同社もウェブアプリを5本リリースしました。まだディレクター、エンジニア、デザイナーの3名でゲームが作れた時代で、大学のサークルの雰囲気が色濃く残っていたといいます。開発現場もIT系、出版系、映像系、営業系などバラバラで、誰もソーシャルゲームの作り方など分かっていなかった頃。自然と気の合う仲間がプロジェクトを連続して手がけるうちに、それぞれがスタジオ風になっていきました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2014年4月27日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。