国内版を先行プレイ、プレコミュ会員向け『ウォッチドッグス』プレミア体験会レポート

国内版を先行プレイ、プレコミュ会員向け『ウォッチドッグス』プレミア体験会レポート
国内版を先行プレイ、プレコミュ会員向け『ウォッチドッグス』プレミア体験会レポート
6月26日に国内発売予定の、ユービーアイソフトが手がけるハッキングアクション『ウォッチドッグス』。本作の国内版を発売前にプレイできるイベント、『ウォッチドッグス』×「プレコミュ」プレミア体験会が、6月21日にソニー・コンピューターエンターテイメント本社にて開催されました。事前にプレコミュ上で募集が行われ、その当選者だけが参加できるプレミアムな本イベントの模様をお届けします。

作品の世界観をサイバーパンクに演出した会場

続々と参加者が集まる体験会場入り口はショーケースに納められたTシャツやフィギュア、マップといったグッズが来週の国内リリースに胸躍らせるファンをお出迎え。本会場の内部は多数の大型ディスプレイと体験プレイ用ブースが設置され、その中には主人公エイデンが作中で着用しているハットやジャケットといった衣装展示もありました。会場を包む鮮やかなネオンのイルミネーションが本作の世界観をサイバーパンクな雰囲気で見事に演出していました。

シングルプレイとマルチプレイを90分間の体験プレイ

本イベントの試遊コーナーはシングルプレイの本編を60分間、その後マルチプレイでの参加者同士の対戦を30分間、計90分のゲームプレイを体験できるというもの。試遊ブースはそれぞれに1つずつ用意されており、筆者もハイテクを駆使したハッキングアクションを大型のディスプレイで存分に堪能してきました。

美麗なグラフィックが滑らかに動作する映像美は言うまでもなく、オープンワールドならではの多様な攻略手法や高い自由度に注目しました。警察の追跡から逃れる際に、周辺のあらゆる電子機材をハッキングすることによって敵の注意を引きつけるほか、監視カメラを介してセキュリティーシステムに侵入することも可能。ドアのロックを間接的に解除することはもちろん、大規模な停電を引き起こしたり信号機を自由に操ったりと、街の公共設備を完全に支配する逃走劇は爽快感に満ち溢れていました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月21日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。