『デジモンストーリー サイバースルゥース』物語に深く関わる謎の奇病や、物悲しい美少女の存在が明らかに

『デジモンストーリー サイバースルゥース』物語に深く関わる謎の奇病や、物悲しい美少女の存在が明らかに
発症を恐れながらも電脳世界への依存をやめられない様子
バンダイナムコゲームスは、PS Vitaソフト『デジモンストーリー サイバースルゥース』の最新情報を公開しました。

ゲームにTVアニメなど、様々なメディアで長く活躍を続けてきた『デジモン』シリーズ。新作TVアニメの発表なども行われ、今なお刺激的な活気に包まれていますが、『デジモンストーリー』シリーズの最新作となる『デジモンストーリー サイバースルゥース』の新情報もこのたび公開となり、活気は更に高まるばかりと言えます。

本作は、電脳空間で起きた事件によりストーリーが流転を始めていきますが、しかし現実世界においても異変が発生していることが判明しました。“EDEN症候群”と呼ばれる謎めいた奇病の存在が、本作の物語を紐解く上で重要なキーワードとなりそうです。

また、悲しい瞳を湛えた新キャラクターや、本来入り込むことのできない電子世界に侵入できる「コネクトジャンプ」などの情報も寄せられており、今回も見どころたっぷりの内容となっています。しっかりチェックし、その本質に少しずつ迫ってください。

◆世界に蔓延し始める謎の奇病“EDEN症候群”
巷で噂される謎の奇病“EDEN症候群”とは、電脳空間EDENにアクセスしているヘビーユーザーが発症すると言われている病気です。原因は、不正改造をした“デジヴァイス”による脳神経への過負荷データDLや、ハッカーたちによる“ブレインジャック”とも言われていますが、その原因はいまだ不明です。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2014年8月29日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。