2014年6月に電子書籍(Kindle版)としてリリースされたセガの懐かしいゲームタイトルのレビュー本「セガアーケードクラシックスVol.1」の紙媒体版が、アマゾンで9月頭に販売開始され2ヶ月以上経過しましたが、大人気で入荷しても当日か翌日には売り切れという状態が続いています。

Kindle版の980円(プライム会員は無料)に対して、紙媒体版は2,700円と高価なのですが、セガファン向けの「濃い」内容が人気の理由だと思われます。Kindle版の無料サンプルで冒頭部分の試し読みもできますから、内容と価格に納得してから購入している方も多いのではないでしょうか。

翻訳・発行者である羽無エラー氏によると、今後はある程度の部数を増刷するので、品切れ状態は解消されそうとのことです。なお、「ほしい物リスト」に入れる方が多くなるとアマゾン側から一度に注文される数が増える可能性もあり、品切れ期間が短縮できるということなので、気になる方はまずは「ほしい物リスト」に入れてみてはいかが?

ジョナサン・“ペルソナ”・キム氏のアートワークによる表紙

◆1980年代中盤~後半にリリースされたタイトルをシリーズごとにレビュー!関連する情報をどんどん盛り込む“完全網羅主義”
こちらは、アメリカのセガマニアのグループがPDFファイルで販売していた“本”を和訳し、同人誌としてリリースしたもの。

1985年リリースの『スペースハリアー

この記事の画像

「セガゲーに魅せられた米国人ゲーマーによる渾身の一冊「セガアーケードクラシックスVol.1」が常に品切れの大人気」の画像1 「セガゲーに魅せられた米国人ゲーマーによる渾身の一冊「セガアーケードクラシックスVol.1」が常に品切れの大人気」の画像2