gumiの第3四半期はQonQで減収減益…2015年度のカギを握るタイトルラインナップも明らかに

gumiの第3四半期はQonQで減収減益…2015年度のカギを握るタイトルラインナップも明らかに
gumiの第3四半期はQonQで減収減益…2015年度のカギを握るタイトルラインナップも明らかに
スマートフォンアプリ『ブレイブ フロンティア』などの人気作を展開しているgumiは、3月10日に2015年4月期 第3四半期の決算説明会を開催しました。

結論から言うと、gumiの第3四半期はQonQ(前四半期比)で減収減益。上場間もない段階ですが、業績の下方修正を行う結果となりました。主力となっている『ブレイブフロンティア』の日本語版は堅調だったものの、海外言語版が計画未達。さらにその他の海外向けタイトルでも一部に計画未達があった他、パブリッシングタイトルの立ち上がりが遅延したことも原因であるとのこと。

この結果を受けて代表取締役社長の國光宏尚氏は「心よりお詫び申し上げます」とコメントする場面もありました。しかし同氏によると、海外での売上比率は45%にのぼり、一定の成功を収めているとの認識も示していました。

QonQの対比を見てみると、ネイティブアプリの国内の売上高が増加している反面、海外は減少していることが分かります。また、サービスごとの観点だと、パブリッシングタイトルは複数タイトルを年末にかけて予定通りリリースしたこともあって、一定の支持を集めていることが伺えます。一方でブラウザゲームはネイティブシフトに伴い、売上高は漸減傾向にあるとのこと。

海外への展開は引き続き強化していくとのことで、海外拠点の拡充に伴う開発費が増加傾向にあることが決算資料にも記載されています。また、『ファントムオブキル』やパブリッシングの新作タイトルをリリースしたことで、広告宣伝費が増加している点も顕著です。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2015年3月11日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。