任天堂、携帯ゲーム機に対する特許を巡り勝訴

任天堂は、同社の携帯ゲーム機(3DS、DSi、DS、GBAなど)に特許を侵害されていたと申し立てていたQuintal Research Group, Inc.に勝訴したことを明らかにしました。カリフォルニア州オークランドの連邦地方裁判所で、サンドラ・アームストロング裁判長が判決を下しました。

「私たちはこの判決に満足しています。引き続き任天堂はイノベーションを積極的に守り、単に裁判を避ける為にお金を支払うような事は今後も決してないでしょう。任天堂は米国に所在するテクノロジー企業として、このような無用で非効率的な裁判を減らすような特許改革に対して支援していきます」と任天堂オブアメリカの主席法律顧問で商務担当のシニアバイスプレジデント、デボン・プリッチャード氏は述べています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2015年7月22日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。