【アナログゲーム決死圏】第12回:ミニチュアゲームが気になる人にオススメの新作『フロストグレイブ』

【アナログゲーム決死圏】第12回:ミニチュアゲームが気になる人にオススメの新作『フロストグレイブ』
【アナログゲーム決死圏】第12回:ミニチュアゲームが気になる人にオススメの新作『フロストグレイブ』
今回はボードゲーム『枯山水』や、TRPG『パラノイア 日本語版』等でお馴染みのアナログゲームメーカーのニューゲームズオーダーから日本語版が発売される新作ファンタジー・ミニチュアゲーム『フロストグレイブ』をご紹介いたします。

製作は日本では歴史関連書籍で知られ、実はミニチュアゲームもたくさん出してるイギリスの出版社の「オスプレイ・パブリッシング」とミニチュアメーカーの「ノース・スター・ミリタリー・フィギュア」。ちなみに、海外で今年の7月に発売されたばかりの新作。

筆者は前から注目していたタイトルで、早速英語版を買いましたので、そこに書かれている情報を元に紹介していきますね!

◆設定

ゲームの舞台は、千年前の魔力の暴走で起こった猛吹雪によって滅びた魔法帝国の首都「フェルスタッド」。そこは今や周囲の人々から「凍てつく墓(フロストグレイブ)」と呼ばれるようになった遺跡であり、かつての魔術実験によって生み出されたアンデッドやゴーレムがさまよう危険な場所。

プレイヤーは、そんなフロストグレイブに富や力を求めて集まった魔術師とその手下を操り、そこに眠る財宝を奪い合うというミニチュアゲームです。

◆編成

ミニチュアとメジャーとダイスを使うオーソドックスなスタイル。ゲームで使うのは基本的に各プレイヤー最大10体。ちなみに、10体しか使わないのは主要なミニチュアゲームとしてはかなり少なめです。

その10体の中でゲームの中心的存在となるのが魔術師。魔術には召喚術や占術といった10の流派があり、その中からメインとなる1つの流派を選び、その他の流派に含まれるものと合わせて、計8つの呪文を選び、装備も選んでRPGのキャラクターのキャラメイクの簡易版のような形でカスタマイズします。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2015年7月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。