Cygames、初のコンシューマーゲーム機向け作品『エアシップQ』をTGSに出展

Cygamesは、初のコンシューマーゲーム機向けタイトルとしてPlayStation Vita『エアシップQ』(開発元: ミラクルポジティブ)を東京ゲームショウ2015のSCEブースにて出展します。

『エアシップQ』は『マインクラフト』や『テラリア』に代表されるような、広大な世界でプレイヤーが自由に行動・創造できる「サンドボックス」と呼ばれるタイプのゲーム。本作では自分だけの船を作りながら、"天空のラピュータ"を目指して魔女を探す冒険に出ます。可愛らしいデザインは親しみがあり、サンドボックスにありがちな難しい操作性を排除し、誰でも楽しめるゲームとなっています。また、アドホックで最大4人のマルチプレイも注目の要素です。

本作は当初はクラウドファンディングサイト「Makuake」で資金調達を行い、その後Cygamesからも資金を受け開発が進められてきました。PS Vita版に続いて、早くもPS4での制作も決定しています(発売時期は未定)。

SCEも本作には期待をしているようで、15日に開催された「PlayStation Conference 2015」でも大きく取り上げられ、グループのソニー・ミュージックエンタテインメント所属のJ★Dee'Zが歌うテーマソング「ニャゴニャゴジャンケンのうた」(仮)が制作されるなど、全面的なバックアップがされる事も明らかになっています。

東京ゲームショウ2015のSCEブースのほか、9月27日に大阪、10月4日に札幌、10月24日に福岡で開催される「PlayStation LIVE Circuit 2015」でもプレイアブルで体験できる予定。

『エアシップQ』は11月19日に、パッケージ版が2,500円、ダウンロード版が2,000円で発売予定です。

この記事の画像

「Cygames、初のコンシューマーゲーム機向け作品『エアシップQ』をTGSに出展」の画像1 「Cygames、初のコンシューマーゲーム機向け作品『エアシップQ』をTGSに出展」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「マインクラフト」に関する記事

「マインクラフト」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マインクラフト」の記事

次に読みたい「マインクラフト」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク