【特集】『ミラクルガールズフェスティバル』開発者が語る“可愛さ表現”の極意!演出はアニサマの様なライブを意識、表情やカメラにも拘りが

【特集】『ミラクルガールズフェスティバル』開発者が語る“可愛さ表現”の極意!演出はアニサマの様なライブを意識、表情やカメラにも拘りが
【特集】『ミラクルガールズフェスティバル』開発者が語る“可愛さ表現”の極意!演出はアニサマの様なライブを意識、表情やカメラにも拘りが
2015年12月17日発売予定、人気アニメのキャラクター総勢47名が一同に介してライブパフォーマンスを繰り広げるPS Vita用リズムアクションゲーム『ミラクルガールズフェスティバル』。本作は『初音ミク -Project DIVA-』シリーズのシステムを活かし、グラフィックはアニメの2Dキャラクターたちが持つ柔らかな印象をそのまま3Dモデルで再現した作品です。

原作ファンならニヤリとするであろうステージ上のパフォーマンスや熱気溢れる観客の声援やコールなど、ライブの空気感を楽しむことができます。今回はディレクターの清水大輔氏とアートディレクターの柳瀬遼平氏に、本作の見所やこだわりのポイントについて伺いました。

──それでは、本作の紹介をお願いします。

柳瀬氏:「ミラクルガールズフェスティバル」というライブフェスにキャラクターが来てもらうという世界観で、人気アニメ11作品総勢47名のキャラクターが共演し、可愛らしさとライブの臨場感や興奮が楽しめるリズムアクションゲームです。

──アニソンのライブといえば「アニメロサマーライブ(以下アニサマ)」が有名ですが、それは意識されましたか?

清水氏:アニサマは憧れの場所で、そこで体験できるライブならではの一体感をゲームで楽しめるようにすることを意識しました。

柳瀬氏:例えば音。他の音ゲーは音源をそのまま流していますが、本作では会場で音が反響しているような効果を与えています。また、ゲームを上手にプレイすると観客が徐々に盛り上がっていき歓声やコールの声が聞こえたりと、実際のライブ会場のような雰囲気をイメージしています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2015年10月5日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。