日本各地が舞台の戦車ゲーム『TOKYO WARFARE』登場、"マンガモード"なる要素も

日本各地が舞台の戦車ゲーム『TOKYO WARFARE』登場、"マンガモード"なる要素も
 
日本各地が舞台のインディー戦車アクション『TOKYO WARFARE』のSteam Greenlightページにて、"マンガモード"なるものが発表されました。

『TOKYO WARFARE』は、東京のレインボーブリッジや東京タワー周辺、渋谷だけでなく、横浜、札幌、難波といった日本各地が舞台の戦車ゲームです。日本の90式戦車やロシアのT-80U、アメリカM1 Abramsなどが登場するほか、第二次世界大戦時のユニットも登場します。

今回発表された"マンガモード"では、プレイ画面にモノクロフィルターをかけて、様々な漫画作品で見かけるような効果音をゲーム中でも表示させます。まだ効果音の種類は「ドン!」「ドガバ!」の2種類だけと多くありませんが、映像には本モードを適用させた、まるで動くマンガのような戦闘シーンが収録されています。

『TOKYO WARFARE』はPCを対象に開発中。Steam Greenlightに選出された本作は現在、スクウェア・エニックスのインディー支援プロジェクト「Square Enix Collective」への投票を呼びかけています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2015年10月14日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら