【海外ゲーマーの声】海外版『零 ~濡鴉ノ巫女~』水着コス削除で広まる議論…「表現規制」の是非とは

先日、ゼルダ姫&ゼロスーツサムスの特別衣装が発表され注目を集めていた『Project Zero: Maiden of Black Water(零 ~濡鴉ノ巫女~)』。この追加要素については国内からもリリースを望む声が寄せられており、多くのゲーマーを湧き上がらせていました。

しかしながら、海外メディアNintendoWorldReportは露出度の高い「水着コスチューム」の削除を報告。一部の海外ユーザーはこれを任天堂およびコーエーテクモによる「表現規制」と見て、不満の声を漏らしていました。国境を越えた向こう側の出来事とは言えど、決して対岸の火事ではない「ゲームの表現規制」。今回の「海外ゲーマーの声」では、フォーラムサイトNeoGAFより「How much does censorship bother you?(みんなどれぐらい表現規制について心配しているの?)」を紹介します。

このスレッドは海外版『零 ~濡鴉ノ巫女~』の水着衣装カットを受けた投稿されたもの。投稿者は「バストの物理挙動を抑えたり覆い隠したりすることは、ゲーム自体には何の影響もない」と語りながら「検閲を応援するつもりではないけど、意見を変える気もない」とコメントし、他のユーザーに意見を求めていました。気になる第一発目の返答は「特定のゲームについて考えてるわけではないけど、普通に言わせてもらえば表現規制は大嫌い」。このユーザーは自身がすでに成人で、「どのような形でメディアや芸術作品を扱うのかは、自分で決められる」と強く主張していました。

この記事の画像

「【海外ゲーマーの声】海外版『零 ~濡鴉ノ巫女~』水着コス削除で広まる議論…「表現規制」の是非とは」の画像1 「【海外ゲーマーの声】海外版『零 ~濡鴉ノ巫女~』水着コス削除で広まる議論…「表現規制」の是非とは」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「任天堂」に関する記事

「任天堂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「任天堂」の記事

次に読みたい「任天堂」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク