【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック

【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
シンガポールを拠点とするインターネット企業で、台湾や東南アジアでゲームパブリッシング事業を展開するGarena Onlineが台北ゲームショウ2016に広いブースを構えていました。

同社は大手企業とタッグを組み、『League of Legends』(Riot Games)、『Alliance of Valiant Arms(A.V.A.)』(Red Duck)、『FIFA Online』(エレクトロニック・アーツ)など著名なPCゲームを展開していますが、今回のショウではマーベラスの『剣と魔法のログレス』とLightspeed Studiosの『雷電突撃』という2つのモバイルゲームを展示していました。

昨年10月22日からGarenaが台湾・香港・マカオでサービスを開始した『剣と魔法のログレス』(剣興魔法王国 遠古の女神→余談ですが台湾では「の」は「of」の意味で平仮名がそのまま使われる事がよくあるそう)はApp Storeのセールスランキングで10~20位に位置しており、好調のようです。ダウンロード数はそう多くないようですが、本格的なオンラインゲームであり、客単価が高いのは日本と同様のようです。

熱いユーザーがいるというのはブースに設置されたメッセージコーナーでも感じられました。立ち寄ったユーザーが残したもので、中には日本語で「ログレス大好き」と書かれたものや、可愛らしいイラストが描かれたものなど多種多様でした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2016年1月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ソニー・コンピュータエンタテインメント」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー・コンピュータエンタテインメント」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュース

次に読みたい関連記事「スクウェア・エニックス」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。