【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」

【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」
【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」
今年で25週年を迎える『スーパーロボット大戦』(スパロボ)シリーズ。本作のプロデューサーを長年務める、BBスタジオの寺田貴信氏が台北ゲームショウと併催されたAsia Pacific Game Summitで「『スーパーロボット大戦』のキャラクターコラボレーションビジネスについて」と題して講演を行いました。

長年愛されているスパロボの最も根幹を成すのは、様々なロボットが一堂に会するというコンセプトです。初代作品では10作品が、最新作では実に44作品が1つのゲームに登場します。シリーズの歴史を振り返った寺田氏は、このコンセプトは非常に実現するのが難しかったと語ります。

「それぞれの作品には世界観がありますから、他の作品と共演するのを原作者は基本認めてくれないわけです」寺田氏は言います。宇宙世紀の世界観にある「ガンダム」と現代日本が舞台の「マジンガーZ」を共演させるのは相当な説得が必要なわけです。そこで取った作戦が「SD化」(スーパーデフォルメ)です。当時から「SDガンダム」は存在し、子供向けのカテゴリに位置付けられていました。等身が異なり表現が違うSDであれば世界観の混在は気にならないというわけです。

参戦する作品は時代によって変化していったそうです。最初期は「スーパーロボット+ガンダム」という形でしたが、既に「マジンガーZ」などは懐かしいロボットという位置付けで、「"そんな古いロボットを製品化して売れるのか"という意見は沢山言われた」と振り返っていました。一方で時代を経るに従って、新しい作品も次々に登場し、リアルタイムに近い形で登場することも増えてきました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2016年1月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。