【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡
【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡
台北ゲームショウ2016の会場の約1/3、320コマという超巨大ブースを構えている香港を本社とするMadhead社。同社は『神魔之塔』(Tower of Saviors)というパズルRPGで台湾市場のトップをひた走ります。創業者でCEOのTerry Tsang氏にお話を伺いました。

Madheadは2008年の設立。Terry氏は大学で建築学を学んだ後、金融機関に勤務。その後、エンジニアの弟と二人で同社を立ち上げました。しかし当初はソフトウェアの開発を行っていてゲームではなかったと言います。「昔から日本のゲームを遊んでいて、ゲームで日本人には勝てるはずもないからゲームをやるつもりはなかった」と言います。しかし運営受託から入り、ゲーム開発にも広げていくことになります。

大ヒットとなった『神魔之塔』ですがそこに辿り着くまでは平坦ではなく、弟が指揮し多数のゲームを作り、その数、100本以上だとか。当初はフェイスブック向けにアプリを出し、次にモバイルに。そうして辿り着いたのが『神魔之塔』です。現在までに世界1700万ダウンロード。台湾だけで1000万ダウンロードを超えています。台湾の人口は2300万人あまりですから、スマホ人口の二人に一人は遊んでいるような計算になります。

一見、日本で大ヒットした『パズドラ』の類似ゲームのように見えますが、単なる類似品であればここまでの浸透は難しいでしょう。Terry氏は「 (1)ゲーム性」「 (2)マーケティングの成功」「 (3)ギルド要素」の3点を成功要因に挙げました。ゲーム性では、一般的なスリーマッチではなく、ツーマッチ(2つ揃えれば消える)を採用。これによって簡単に遊べ、連鎖が続く爽快感をより楽しめるものとなりました。そしてマーケティングでは100本作った経験を活かしているといい、大手企業とのコラボ(『

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. モンスターストライク アニメ
  2. モンスターストライク 映画
インサイドの記事をもっと見る 2016年1月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「モンスターストライク + アニメ」のおすすめ記事

「モンスターストライク + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「モンスターストライク + 映画」のおすすめ記事

「モンスターストライク + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「モンスターストライク」のニュース

次に読みたい関連記事「モンスターストライク」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。