【台北ゲームショウ2016】「ブラウザゲームはまだ終わっていない」日本のプラットフォーマーが世界に挑むーDMM.com林氏独占インタビュー

【台北ゲームショウ2016】「ブラウザゲームはまだ終わっていない」日本のプラットフォーマーが世界に挑むーDMM.com林氏独占インタビュー
【台北ゲームショウ2016】「ブラウザゲームはまだ終わっていない」日本のプラットフォーマーが世界に挑むーDMM.com林氏独占インタビュー
28日より台湾の台北市、ワールドトレードセンターにて開催されている台北ゲームショウ2016。B2B・B2Cブースともに過去最大の盛り上がりを見せる本イベントですが、日本でも有名な「DMM.com」もB2Bブースにて出展。

チャイナジョイ2015、G-STAR2015とアジアを中心に海外ゲームショウに出展をしている同社の狙いとは?今回、DMM.comにてアライアンスを担当する林 研一氏に独占インタビューを実施致しましたので、その様子をお届けします。

―――本日はお時間を頂き、ありがとうございます。まずは自己紹介をお願いします。

林氏:DMM.comオンラインゲーム事業部のアライアンス部部長を務めている林と申します。2011年のゲーム事業立ち上げから参画をしておりまして、DMM.comは9年目となります。主にアライアンス担当ということで、サードパーティの誘致、ゲーム開発会社の開拓、版権元への営業などを行っています。「座組を作ってゲームをお届けする」という部分に携わっています。

―――東京ゲームショウを含め2015年いろいろな施策をDMM.comさん自体行ってきたと思いますが、林さんから見て2015年はどういった年でしたでしょうか?

林氏:まず弊社については、順調にゲーム事業の規模は拡大しています。ただ「とてつもないヒットタイトル」はあまり無かったという印象です。『艦隊これくしょん』(艦これ)『刀剣乱舞

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2016年1月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。