【そそれぽ】第132回:サンドボックスの概念を越えた!超自由・超多目的ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ』をプレイしたよ!

【そそれぽ】第132回:サンドボックスの概念を越えた!超自由・超多目的ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ』をプレイしたよ!
『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』タイトル画面
インサイドをご覧の皆さま、こんにちは。そそそこと津久井箇人です。皆さんのゲームライフを充実させるゲームプレイレポート、第132回を迎えました【そそれぽ】のお時間です。

昨年2015年は、日本のゲーム業界にとって『マインクラフト』や『テラリア』をはじめとする「サンドボックス」と呼ばれるジャンルが飛躍した年となりました。また『スーパーマリオメーカー』のようなゲームもヒットし“プレイヤーがゲーム内でモノづくりを楽しみ、ほかの誰かと共有する”といった遊びが加速し、定着したように感じます。その歴史を辿れば『ロードランナー』のステージエディットだったり、『RPGツクール』だったり、いろいろあると思うのですが、“作ったモノを共有する”ような遊びは、まだまだ広がっていきそうですね。

というわけで、今回プレイするのはスクウェア・エニックスPS4/PS3/PS Vitaソフト『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』です。

本作が発表された際の第一印象は『ドラゴンクエスト』を「サンドボックス化」したゲームだったのですが、「東京ゲームショウ」をはじめ、さまざまなイベントでそのゲーム内容が公開されていくと、どうやらそんな簡単な一言で片付けられるゲームじゃないぞ、と。そもそも本作にも携わったゲームデザイナーの堀井雄二氏は、日本人に馴染みにくいゲームジャンルを、日本人が一番面白いツボを刺激するよう最適に調整するのが得意なお方。ただ「サンドボックス化」した『ドラクエ』にとどまるワケがありません。一体どんなゲームなのかを確かめるために、早速プレイしていきましょう。尚、発売直後なので、ネタバレ一切なしの方向でレポートしていきます!

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2016年1月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。