【レポート】VR版『クーロンズ・ゲート』は“空間”へのアプローチ…その始まりは「Second Life」だった

【レポート】VR版『クーロンズ・ゲート』は“空間”へのアプローチ…その始まりは「Second Life」だった
【レポート】VR版『クーロンズ・ゲート』は“空間”へのアプローチ…その始まりは「Second Life」だった
初代プレイステーションに登場したソフトラインナップは、大作のみならず、独創的なアイディアやチャレンジ精神が光るタイトルも数多くあり、今も展開を続ける名作も数多く生み出されました。

その中でも、アジアゴシックな世界観や登場人物たちの強烈な個性などが非常に印象的で、プレイしたユーザーの記憶に色濃く残っているゲームのひとつに『クーロンズ・ゲート -九龍風水傳-』があります。ゲームの中に描かれた、独特な味わいを持つパラレルワールド「陰界の九龍城」の醸し出す雰囲気は、多くのユーザーを圧倒しました。

本作が登場したのは1997年の2月。実に19年以上もの年月が経過していますが、本作に寄せられる関心は未だに高く、2014年にオリジナルサウンドコレクションが発売。そして2015年には設定資料集がリリースされ、今年の5月22日にはライブイベント「クーロンズ・ゲートコンサート2016 九龍夜奏会」を開催と、『クーロンズ・ゲート』は今も意欲的な動きを見せています。

そんな『クーロンズ・ゲート』に関連するユニークなイベントが、今年の5月21日に行われました。宝塚大学の東京新宿キャンパスにて、『クーロンズ・ゲート』の世界を体験できるVRイベントが実施されたのです。

このイベントは、宝塚大学東京メディア芸術学部とJETMANの産学協同プロジェクト「次世代クーロンズゲートのための研究開発」の映像を、Oculusで体験できるというもの。実際にゲーム内で使用された素材も用いられており、あの「陰界の九龍城」をリアルに体験することができるのです。JETMAN代表、宝塚大学ゲーム領域教授の井上幸喜氏は、『クーロンズ・ゲート -九龍風水傳-』の企画・アートディレクション及びキャラクターデザインに携り、社員の多くはクーロンズ・ゲートの開発に携わったメンバーです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2016年5月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。