入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」

iOS標準のリマインダーもそうですが、タスク管理系のアプリでは、「タスク名」「期限」「繰り返しの有無」などを指定する欄が決まっているのが普通です。

ところが、今回紹介する「Taskcode」では、1枚のメモのような入力欄のどこにタスク名や期限を入力してもOKなのです。テキストの冒頭に記号(コード)を入れさえすれば!

入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」

Taskcodeの見た目は、画面にカラフルな付せんを貼り付けている状態に似ています。

「+」ボタンをタップすると、新規タスク作成画面が表示されるので、テキストを入力していきます。入力が終わったら、再度「+」ボタンをタップします。

コードは、キーボードの上部にコード入力用キー一覧が表示されるので、これを利用して入力しても良いですし、直接テキストを入力しても大丈夫です。コードキーをタップすると、何が入力できるのかが表示されます。

入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」

サブタスク(「%」から始まるテキストで、ホーム画面ではチェックボックスが表示される)は、タップすると、完了したことが分かるように、取り消し線が引かれます。

タスクを長押しすると、画面下部に、「完了」「アーカイブ」「削除」「編集」ボタンが表示されます。

入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」

「*」に続いてアルファベットを指定することで、タスクの色を変更できます。コードキー用ツールバーを左にスワイプすると、色の一覧も表示されます。

入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」

メニュー画面から、完了したタスクやアーカイブしたタスクにアクセスできます。

また、「Quick References(早見表)」で、コードの詳細を調べることもできます。

入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」

設定画面では、ダークテーマに切り替えたり、チュートリアルを見たりすることができます。

入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」

コードに慣れるまでは、少々面倒くさいと思うかもしれませんが、慣れてしまえば、タスクや期限の入力が前後しても構わない自由度が、気楽に使えて便利です。

普通のタスク管理アプリに満足できなかった人は、試してみる価値ありです。

「入力欄を気にする必要なし!コードを使ってタスク名や期限を入力するタスク管理アプリ「Taskcode」」をtechjo(テクジョ)で読む

techjo(テクジョ)へ

あわせて読みたい

ISUTAの記事をもっと見る 2016年6月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。