赤ちゃんは欲しい!けど…出産を先延ばしにする「働く女性のNG...の画像はこちら >>

「赤ちゃんが欲しい!」とどこかで妊活を意識しつつも、“今すぐに!”と言うほど焦りがない働く女性が増えています。「新婚生活をもう少し楽しんでから」「お互いに忙しいから3年ぐらいしてから」そうやって先延ばしにしている夫婦が多いですね。

昔は結婚したら、「子どもはまだ?」と周りから当たり前のように聞かれていました。ですが、近年は結婚してすぐに赤ちゃんが欲しいと思っていない夫婦が増えてきているためか、周りのプレッシャーも減ってきている?もしくは気にしないのかもしれません。

今日は、元看護師で妊活カウンセラーでもある筆者が、“ワーキング女性の産み時の時期と、卵子の老化について”お話します。



■赤ちゃんはいつでも来てくれるは「勘違い」!?

最近は、芸能人の妊娠・出産や不妊治療も含め、40代の妊娠出産が当たり前のようになってきました。“40代でも結婚して妊娠を望めば、赤ちゃんは来てくれる!”そう思い込んでいる女性が、まだまだ沢山います。

そのいっぽうで、耳にするようになった“卵子の老化”。

もちろん、40代でも卵子がある限り、妊娠の可能性はゼロではありません。しかし、女性が母親の体に宿った時から、原始卵胞は作られていて、年を重ねる度に老化していくのは事実です。

 卵巣機能を上げることはできても、卵子自体の老化は避けられないのです。



■「赤ちゃんを産む時期」を決めた方がいい?

「いくら貯金できたら」「この仕事が落ち着いたら」など人それぞれに仕事や金銭的な事情があると思います。夫婦間で様々な思考が生まれるかもしれません。

ですが、35歳を超えて本当に妊娠を心から望んでいるのであれば、少しでも早く夫婦間で赤ちゃんを迎える準備に取り組んでほしいと考えます。

もしかしたら、親の介護が始まっている人もいるかもしれないのです。

先送りにした夫婦の多くが、不妊に悩まされ「もっと早くに治療しておけば良かった」と感じているのです。そうして後悔する人の中に、ちゃんと赤ちゃんを迎えることと向き合わなかった自分自身を責めてしまう人が沢山います。

本当は、自分の将来設計の中に、少しでも赤ちゃんが欲しいと思う気持ちがあるのであれば、時期を決めるのではなく、“いつでも来ていい”と思ってみましょう。そして赤ちゃんが来てくれた“その時”から自分達の未来を考える人生設計を夫婦で立ててみてはいかがでしょう。



■仕事一筋!ワーママの「産みどき」プランニングへのアドバイス

女性が働く時代になり、責任のある仕事を任せられる機会も増えてきました。
職場でも、今妊娠してもらっては困る!そんな雰囲気を感じながら、自分に制限をかけてしまっている人も少なくはありません。

しかし、赤ちゃんを授かるのは、誰に制限をかけられることでもなく、赤ちゃんがほしいと願っている本人の気持ちが一番大切です。

何が本当に一番大切かで考える時に、お仕事ももちろん大切ですが、周りにばかり気を取られて、大切な自分の思考が置き去りになっていては後で後悔をしてしまいます。

お仕事も大切。でも、旦那様と過ごす自分の人生も大切。

どれを優先にするかではなく、どちらもうまくいく!そんな思考を持った時に、すべてうまくいくという思考に心身ともに向かっていくのかもしれません。

いかがでしたか?

働く女性が、これからの自分の未来を考える時に、仕事と赤ちゃんとのバランスに悩み、どちらかを優先しなければいけない。そんな入口で悩んでいる人が、筆者のクライアントにも沢山いますが、どちらも大切であると自分を受け入れることで、赤ちゃんを授かれる人が増えています。

年齢を重ねるにつれての“卵子の老化”は避けられなくても、少しでも心と身体のバランスを大切にしながら、よりよい子宮と卵巣の状態を作って赤ちゃんを迎えていく準備をしてみて下さいね。

【画像】

※ Vladimir Volodin / Shutterstock

【著者略歴】

坂本優子・・・元看護師、妊活カウンセラー。2013年10月からカウンセラー活動を開始し、14名の妊娠実績。産婦人科での勤務経験、娘を重症仮死出産した経験を生かし、マタニティケア、マタニティセラピスト育成講座も開講。

著書に『半年以内にママになる妊娠セラピー~ママになるための12のレシピ~/坂本優子』(Kindle版)

【関連記事】

※ 不妊率を60%以上UPさせる!? 絶対避けるべきキケンな習慣3つ

ベビ待ち中の女性必見!「経血量」で分かる身体の状態と妊娠しやすい身体づくりのポイントとは?

妊活で休職・退職ってありなの?不妊治療の現実

不妊治療が長引いて心折れそうな時「見つめ直したいコト」3つ

「睡眠」が大きなカギだった!妊娠力をUPさせる眠り方3つ

【PICK UP! Sponsored 記事】

赤ちゃんは欲しい!けど…出産を先延ばしにする「働く女性のNG思考」とは?

赤ちゃんは欲しい!けど…出産を先延ばしにする「働く女性のNG思考」とは?

赤ちゃんは欲しい!けど…出産を先延ばしにする「働く女性のNG思考」とは?

※ 「素肌力」UPの秘訣って?すっぴん美肌ママを目指したいなら今

可愛いフォトカレンダーが毎月もらえる!子供の写真整理にも便利な無料アプリ♡

【姉妹サイト】

※ 1つでもやってたら残念!夫を出世させる妻は「していない」3つのコト

※ 貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方

※ ほうれい線があると11歳も老け顔に!? 今すぐ始めたい「レスキューコスメ」とは【PR】

※ 二の腕ヤバい…1日たった2回で驚くほどスッキリ腕を作る「ネジネジ体操」とは