将来の食事マナーにも影響する!「幼児食」のすすめ方ポイント

将来の食事マナーにも影響する!「幼児食」のすすめ方ポイント

卒乳して、ある程度いろいろなものを食べられるようになってくると離乳食から幼児食に切り替わりますが、その際どこまで大人と同じ味付けで良いのか、離乳食と幼児食の違いなど実はあまり分かっていないママが多いのでは?

今回は、ママ野菜ソムリエである筆者が、そんな多くのママが悩んでしまう“離乳食と幼児食の違いと、幼児食のすすめ方のポイント”についてご紹介します。

■「離乳食」と「幼児食」の違いって?

そもそも、離乳食と幼児食の違いってご存じですか? 

“離乳食”は、とろみをつけたり、小さく切ったりして、食べやすくして、大人が食べさせてあげます。生後6ヶ月を過ぎた頃からが適当と言われていますが、発達にもよるためお子さんによって差があります。

首がしっかりと座って、支えてあげればイスに座れるくらいが発達の目安になります。

一方、“幼児食”も個人差はありますが、だいたい離乳食を終えた1歳頃から5歳頃までの食事にあたります。

その期間中に、“様々な形や味”を知ることで、食べることへの興味や味覚を育てたり、自分で食べることで、マナーや食事の時間を楽しむことを学んでいくのです。

■幼児食は将来の食習慣の基礎に

食事となると、つい“しっかり食べて栄養を摂る”ということばかりに目が行きがちですが、幼児食は“食べる”という以外にも、

●いろいろな食べ物の経験を積んだり、味覚を育てていく

●嗜好の基礎を作っていく

●食事のマナーや食事の時間を楽しむことを知る


あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2016年2月3日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら