疲れててもゼッタイ言っちゃダメ!「家族の心の距離をつくる」NGフレーズ

疲れててもゼッタイ言っちゃダメ!「家族の心の距離をつくる」NGフレーズ

子どもが言葉を覚え、話すようになったら、ママが発する言葉にも気をつける必要があります。

言葉を覚えるということは、“考える”ことができるようになるということ。

ママの言葉を吸収し、考えて発信するようになる子どもには、使って欲しい、知って欲しい言葉をプレゼントすべきです。

今回は、ついつい言いたくなってしまうけれど注意したい、NG事例をご紹介します。



■それは言っちゃダメ!「家族の心の距離をつくる」NGフレーズ3つ

(1)「どうしてできないの?」

疲れててもゼッタイ言っちゃダメ!「家族の心の距離をつくる」NGフレーズ

子どもは人生の初心者。大人が当たり前にできることでも、子どもには失敗と練習の積み重ねが必要です。

何度も教えることはママにとって負担ですし、「1回で覚えてくれればいいのに」と思ってしまうのも自然なこと。

ですが、「どうして(そんなことも)できないの?」などの子どもを否定するような言い方は避けましょう。「僕(私)はどうしでこんなこともできないのかな」と自信を失ってしまいます。

(2)「なんで私ばっかり……」

疲れていると「なんで私ばっかり……?」と言いたくなってしまいますよね。

どんな人にもそういった気持ちはありますし、溜め込んでは心も身体も疲れ切ってしまいます。パパに気持ちをぶつけたり、ママ友同士で愚痴をこぼしあうのはOK。

ただし、子どもにはこの言葉は言わないようにしてください。

子どもはママのことが大好きですから、疲れている様子を見れば助けてあげたいと思います。

ですが「どうして私ばっかりこんな重荷を背負わなければならないの?」と言われても、小さな子どもにはしてあげられることがありません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ItMamaの記事をもっと見る 2016年5月14日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら