優秀な人にたくさん触れて気付いた「要領のいい人」の共通点3つ...の画像はこちら >>

あなたの周囲に、”なぜか短時間で仕事を終わらせてしまう人”や”なぜか上司からの評価が高い人”はいませんか?

こういった人達は、要領がいいんですよね。自分も要領のいい人になって、「できるだけ短時間で結果を出したい!」と思いませんか?

そこで、人材コンサルタントと外資系人事の経験をもつ筆者が今まで見た”要領のいい人”の共通点をベースに、そうなるためのポイントをご紹介します。

■1:優先順位の付け方がうまい

まず、仕事は大きく、(1)緊急でかつ重要、(2)緊急でないが重要、(3)緊急だが重要でない、(4)緊急でもなければ重要でない、の4つに分類できます。

これはベストセラー『7つの習慣』にもあるので、ご存知の方は多いかもしれません。

要領のいい人は仕事をすぐこのように振り分けて、(1)の”重要度も緊急度も高いもの”から順番に進めていきます。つまり、優先順位の付け方がうまいのです。

あなたは仕事が増えたとき、頼まれた人や頼まれた順番、自分の得意不得意などに左右されていませんか? もしくは「すぐにできそうなものからやろう」などと思っていませんか?

このような進め方がよくないのです。これからは、上記4つに分類して、(1)からやるようにしてみてください。

■2:上司を上手に立てている

できる人はやっぱりみんな、上司を立てています。もちろん、上司にごまをすれという意味ではありません。

とはいえ、苦手な上司だと、すぐに立てることは難しいですよね。そんな人でも大丈夫! とにかく、上司の話をさえぎらない、上司の話を聞き逃さない、ということだけ心がけてみてください。

実は「でも」「だって」「どうせ」と話をさえぎって、人間関係を悪くしている人がとても多いのです! ただ否定ワードの使用をやめるだけで、上司からの印象が数倍アップします。

おべっか使おうとすると辛くなります。

とにかく、「私は聞いていますよ」をアピールしましょう。これだけで、上司は気持ちよくなり、周囲からも「要領のいい人」と思われるようになりますよ!

■3:自分だけの強みがある

最後は、強みです。上司は、部下一人一人の強み弱み、またスキルのレベルを正確に把握しているわけではありません。

英語やExcel、周囲への気配りなど、何でもいいです。ひとつだけ強みを作って、アピールしましょう。

強みを上司や同僚に印象付けて、「パソコンのことなら●●に聞け」みたいな状態を作ると、自然とそれに関する仕事が回ってくるようになります。

すると、さらにこの強みが磨かれていき、いい結果を残すことができるというプラスの連鎖が起きます。

一見、強みと要領のよさは関係がなさそうに見えますが、実は大きく関係しているのです!

というわけで、ぜひ今までほめられたことなどを思い出して、自分の強みを作ってみてください。

以上、要領のいい人になる方法でした。いかがでしたか?

ワーキングマザーは「とにかく時間が足りなくて、何もかもが中途半端!」と悩みがち。こういったストレスがたまる前に、要領のいい人になって、限られた時間で結果を出していきませんか?

ワークライフバランスが実現できれば、より充実した毎日になります。上記3つを参考に、要領よく仕事していきましょう!

【参考】

※ スティーブン・リチャーズ・コヴィー(2013)『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』 キングベアー出版