これでは病気が治らない?医者に嫌われる「患者の話し方」10個

これでは病気が治らない?医者に嫌われる「患者の話し方」10個

あなたは病気になったとき、医者に自分の症状をうまく説明できていますか?

実は、パーソナル医療コーディネーターのおのころ心平さんは、著書『誰も教えてくれなかった医者のかかり方完全マニュアル』で「コミュニケーションがうまくいかないことで、”治るものも治らない”という事態は今、高い確率で起こっています」と警告しています。

なんと現代病の多くは、コミュニケーションエラーによるものなのだそうです! ちゃんと伝わらず、症状が悪化してしまうのは絶対に嫌ですよね。

このようなエラーを避けるにはどうしたらいいのでしょうか? おのころさんの著書には、以下の”医者に嫌われる10のトーク”がエラーの原因とあります。そのため、まずは心当たりがないか、チェックしてみてください!

■1:悲観型トーク

病気は人を不安にさせるものですが、「自分はきっと、取り返しのつかない病気になっています」「悪性のがんに違いない」などの言葉を連発すると、医者も困ってしまいます。

口にしても根本的な不安が取り除かれないので、注意しましょう。

■2:付け足しトーク

治療方針が決まったときに「実は●●にも痛みがあります……」と追加で症状を付け加えるのもNG。

なかなか最後まで大事な症状が言えないケースもあるものですが、頭にあるものを優先順位つけて話すよう普段から心がけてみてください。

■3:主症状以外のトーク

診察を受けるときに、施設や備品の状態、スタッフの対応についての感想・意見・批判を言っていませんか? 出鼻をくじかれて、医者のモチベーションが下がるので、自分語りは控えましょう。


あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2014年1月29日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。