これでは病気が治らない?医者に嫌われる「患者の話し方」10個

■9:知識振りかざしトーク

あと、最近ありがちな、インターネットや本だけで得た知識を振りかざすのもNGです。どうしても訪ねたい治療法があるときは、やんわりと水を向けるようにしましょう。

■10:先生に丸投げトーク

だからと言って、「すべて先生におまかせします!」と丸投げ宣言するのも、医者は困ります。医療は役割分担が大事なので、「医者と二人三脚」という精神で、丸投げマインドから脱却してください。

上記10個の中に、ドキッとしてしまったNGトークはありませんか? ちなみにおのころさんは、「コミュニケーン能力の高さが、その人の寿命に直結してしまうこともある」と本書で語っています。

この能力はすぐにグーンと高められるものではありませんが、わりと簡単にできそうなもののひとつが”感情のコントロール”です。すると、客観的に症状を伝えやすくなります。

「主観的ではなく客観的に、冷静に事実を伝えようと心がけるだけで、医者との信頼関係はどんどんよくなるということを覚えておいてください」

より詳しい説明は『誰も教えてくれなかった医者のかかり方完全マニュアル』を読むのが一番ですが、これはそんなに難しくないと思います。早速これから、心がけてみませんか?

【参考】

※ おのころ心平 - ココロとカラダの交差点

おのころ心平(2014)『誰も教えてくれなかった医者のかかり方完全マニュアル』 アスコム

あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2014年1月29日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。