何日以上から注意すべき?「赤ちゃんの便秘」目安と家庭での対処法3つ

何日以上から注意すべき?「赤ちゃんの便秘」目安と家庭での対処法3つ
source:https://www.shutterstock.com/

自分の思いを口に出して伝えられない赤ちゃんは、お母さんの管理がとっても大切です。特にお母さんが注意して見ていきたいのが便。特に便秘は放っておくと赤ちゃんに辛い思いをさせてしまいます。

今回は“赤ちゃんの便秘について対処法”などをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

何日以上から注意すべき?「赤ちゃんの便秘」目安と家庭での対処法3つ

出ていても痛がる!「赤ちゃんの便秘」の症状

日本小児栄養消化器肝臓学会によると便秘とは、“長い期間便が出ない、もしくは出にくい”ことを指します。そのため、“週に3回以上排便が無い場合や5日間連続して便が出ない場合”を便秘としています。

その他、毎日排便が見られていても出すときに痛がって泣いている、排便後に肛門が切れて出血している場合や、硬くてころころとした便が少量ずつしか出ないという場合も便秘となります。

また、便秘になりやすいのは、母乳からミルクへの移行時期や離乳食の移行時期、幼稚園生くらいになると始まるトイレトレーニングの時期です。

家庭でできる「赤ちゃんの便秘」対処法3つ

(1)肛門を刺激する

肛門を刺激すると、肛門の筋肉が緩んだり反射で直腸が動き出すことによって便が出やすくなります。

まずは肛門にぬるま湯をスポイトで数滴当てて刺激してみましょう。それでも出なそうにない場合には、綿棒の先にワセリンをぬって1~2cmほど挿入し、ゆっくりと大きく「の」の字を書くように綿棒を動かしてみてください。

あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2017年4月13日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら