ママの接し方がカギ!子どもを「頭のいい子」に育てる親の接し方3つ

ママの接し方がカギ!子どもを「頭のいい子」に育てる親の接し方3つ

親なら誰でも子どもには頭のいい子になってもらいたいと思いますよね。

幼児期の子どもの成長は目覚ましいし、その頃の子どもは本当に、みんな天才かと思うくらい素晴らしい吸収力を発揮します。

今日は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者・平川裕貴が、幼児期にできる「子どもを頭のいい子にする親の接し方」についてお話します。

 

■1:「わかった!」が脳のシナプスを増加させる

子どもが2歳くらいになると、生存するための能力から、より幅広い能力を得るための活動が始まります。これからがチャンスです。

子どもを頭のいい子にする育て方の1つ目は、自分で考える機会をどんどん与えることです。

例えば、靴を履かせる時、靴を見せながら、「どっちが右足の(こっちの足の)靴?」と聞いてみる。シャツを着せたりパンツをはかせる時、「どっちが前?」と聞いてみる。買い物に行ったら、「キャベツとレタスとどっちが重いかな?」、袋入りのトマト4個入りと3個入りを見せて「どっちが多いかな?」と聞いてみる。

子どもは考えて「わかった!」と思って答えます。 日常生活の中で、「どっち?」とか「どっちが先?」とか「どっちが前」とか簡単な質問から始めればいいのです。

年齢や子どもの理解力に応じて、考えさせる内容のレベルをあげていきましょう。

子どもが疑問や質問に対して自分で考えて「わかった!」と思うと、脳のシナプスが増加していきます。

...続きを読む

あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2014年8月24日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。