ズルル…我が子を「鼻タレ小僧」にしないための7原則

ズルル…我が子を「鼻タレ小僧」にしないための7原則

「ハックション!」の後に聞こえてくる「ズルッ」と鼻水をすする音。英語で鼻水が流れるように出ることを“ランニングノーズ”といいますが、寒い季節になると子どもの鼻水で悩むママも多いのでは?

一度鼻水が出始めると拭いても拭いても終わりが見えず、1週間くらいずっと鼻が垂れていたりするなんてことも……。鼻の下も赤くなるし、洋服も汚れるし、子どもも機嫌が悪いし、ホント「早く止まって~!」と叫びたくなります。

今日はこれからの季節にぜひ知っておきたい、子どもの鼻水を的確にケアするコツをお伝えします。

■鼻水の「色」で子供の状態をチェック

悪者扱いされる鼻水ですが、鼻から侵入した細菌や埃などを体外に出す立派な働きがあります。鼻水には透明なものから黄色など色のついたものとさまざま。実は鼻水は“色に注意”と言われているのです。

●“透明”で水っぽい鼻汁

透明で水っぽいサラサラとした鼻汁は、アレルギー性鼻炎、または鼻風邪の初期と考えられます。耳鼻科ではどちらに罹患しているかの判断がつきますので、熱や咳などの症状が他にない場合でも一度受診するとよいでしょう。

●“黄色い”粘っこい鼻汁

ウイルスに感染した場合、局所で『インターロイキン8』と呼ばれる物質がつくられ、白血球を集めます。黄色い粘っこい鼻汁はその戦った残骸なのです。風邪の治りかけ、と判断し油断しがちですが、鼻水が出ている間はママの十分な注意が必要です。

●ドロっとした粘りのある黄色、または“黄緑色”の鼻汁


あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月8日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。