赤ちゃんの頭の形を良くしたい!「向き癖」に注意するのはいつまで?

赤ちゃんの頭の形を良くしたい!「向き癖」に注意するのはいつまで?
photo by author

赤ちゃんの頭の形を見ると、まんまるの整った頭の子もいれば、頭の形が片方だけ絶壁になっている赤ちゃんもいますね。

できたら、頭の形が歪まずまんまるの整った頭の形にしてあげたいと思うママが多いかと思います。

今回は、赤ちゃんの頭の形をよくするために、いつからどんなことに気をつけたら良いのか、助産師である筆者のこれまでの経験と、水野克己著『笑顔で子育てあんしん赤ちゃんナビ―6か月(はじめ)よければすべてよし!』をもとにお伝えしていきます。

赤ちゃんの頭の形を良くしたい!「向き癖」に注意するのはいつまで?

赤ちゃんの頭の形をよくするには、「生後3ヶ月」までが大切!

赤ちゃんの頭の形をよくするためのポイントは、赤ちゃんが同じ方向ばかり向いて寝てしまう“向き癖”をつけないことです。

赤ちゃんが寝ている時、気づくと同じ方向ばかり向いていませんか?

これは、お産のとき、赤ちゃんは右または左どちらかを向いてママの骨盤の中を降りてくるため、生まれてからも、お産の時に向いていた方向に顔を向けやすいことが関連しています。

同じ方向ばかり向いて寝ていると、向き癖がついてしまい、片方の頭の後ろばかりが圧迫され、赤ちゃんによっては片方の後頭部だけ“絶壁”になってしまうことがあります。

生まれてから首がすわる、大体3ヶ月頃までは、赤ちゃんが自分の頭を自力で動かしづらい時期です。

そのため、この3ヶ月は、意識して向き癖がつかないにように、日常の触れ合いの中で、関わってあげることが大切になってきます。


あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2018年1月16日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。