子宮口が開かない!臨月に入ってからの子宮頸管の変化って?

子宮口が開かない!臨月に入ってからの子宮頸管の変化って?
source:https://www.shutterstock.com

お産が始まる、十月十日の長い期間を、赤ちゃんはゆっくりママの子宮の中で育ちます。そして、赤ちゃんが子宮の中で成長できるよう支えているのが、子宮の入口部分になる“子宮頸管”です。

お産が近づくとともに、少しずつ子宮頸管も変化してきます。

今回は、助産師である筆者が、臨月に入ると子宮を支える子宮頸管がどんな風に変化して、お産に向けて準備をしていくのかについてお話していきます。

子宮口が開かない!臨月に入ってからの子宮頸管の変化って?
▼子宮頸管がやわらかくなる=熟化する

臨月に入ると妊婦健診も週に1回と健診の間隔が変わり、それに伴い、健診の内容に「内診」が追加となる産院が多くなってきます。

内診では、医師や助産師が、お産に向けての子宮の頸管の準備が進んでいるのか、主に以下の項目をみています。

子宮口が開かない!臨月に入ってからの子宮頸管の変化って?
source:https://www.shutterstock.com

・子宮頸部のやわらかさ

・子宮口の開き具合

・赤ちゃんの頭の降り具合

子宮頸管がやわらかくなることを「頸管の熟化」といいます。(※1)

子宮頸管の熟化は、子宮収縮などの物理的刺激や、胎児先進部の下降・圧迫、ホルモン作用などによって起きます。(※2)

そして、内診でわかった情報を「ビショップスコア」を使用して評価しています。

「ビショップスコア」は子宮頸管開大度、展退度(子宮頸管が薄くなる過程)、児頭の位置、頸部の硬さ、子宮口に位置の5つの因子で、点数化して、子宮頸管成熟度を表現します。(※3)

...続きを読む

あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2018年5月17日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。