子どもの歯がグラグラしてきた、歯科医に行くべき?「正しい乳歯の抜き方」は?

子どもの歯がグラグラしてきた、歯科医に行くべき?「正しい乳歯の抜き方」は?
source:https://www.shutterstock.com/

年中さんや年長さんになると、幼稚園や保育園で子ども同士でも「〇〇ちゃん、歯が抜けたんだって!」と歯の抜けかわりが気になり始めますよね。

そんな時期に心配なのが「乳歯って家で勝手に抜いていいのかしら? 歯医者さんで抜いてもらった方がいいのかしら?」といった疑問ではないでしょうか。

今回は、ママ歯医者の筆者が「乳歯の抜けかわり時期に知っておきたいこと」をお伝えします。

乳歯が抜ける時期

乳歯が抜ける時期は個人差が大変に大きいです。

下の乳中切歯は6歳ころに抜けるといわれています。その隣の下の乳側切歯は7歳ころ、上の乳中切歯は7歳半ころに抜けるといわれています。とはいえ個人差が大きいので、年中の5歳ころに下の乳中切歯が抜ける子もいます。

その後、12歳ころまで乳歯が抜ける時期が続くため、結果として6歳ころ~12歳ころと長期に渡ります。

子どもの歯がグラグラしてきた、歯科医に行くべき?「正しい乳歯の抜き方」は?
source:https://pixta.jp/乳歯がグラグラなときはどうしたらいい?

乳歯がグラグラしてきたときは、どうするべきでしょうか? 自分ですぐ抜くのか、自然に抜けるのを待つべきなのか、歯医者に行くべきなのか。

以下のように条件によって、対応を変えてください。

(1)歯医者へ行った方がよい症状

・歯がグラグラして痛かったり、歯肉が赤く腫れたり膿を持っているときは、診察を受けましょう。

・乳歯がまだ残っているのに、永久歯が別のところから生えてきたときは、早めに抜歯した方が歯並びがスムーズになる場合もありますので、受診がおすすめです(※1)。

...続きを読む

あわせて読みたい

ItMamaの記事をもっと見る 2018年9月22日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。